竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
在地球ユダヤ人の始祖≠アダム・イブ
アダムとイブは、聖書では人類の始祖として書かれています。それはもちろんのこと、ユダヤ人の始祖というのも誤っています。
竹内文書では、アダムイブという皇女だったのです。ただし、竹内文書では、赤人の始祖だとしています。
(おまけ 「赤人」の読みは、高坂和導氏の著書では「あかひと」と呼んでいましたが、当方では「あこうど」ではないかと疑っています。それについては別記します。)

そして、ユダヤ人の始祖は、高級の宇宙人(但し、私はカテゴリー2(二段)~カテゴリー8(八段)の間の何段かは知りません)・ヘブラ星人でした(『超巨大[宇宙文明]の真相』ケイ・ミズモリ訳、徳間書店(1997))。なお、「ヘブラ星」が「ヘブライ語」の語源です。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、アダムとイブではないユダヤ人の始祖の足跡を紹介します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
ヘブラ星人は、住んでいた星・ヘブラ星の内部が将来冷えて住めなくなることが判明し、移住先の星を求めて宇宙に飛び立ちました。
ある宇宙船が、その不調のため、地球に不時着しました。乗組員は8人でした。そのうち5人は、彼らが乗っていた宇宙船が爆発してそれに巻き込まれて死亡しました。生き残ったのは、男性1人、女性2人でした。
この男女比から、一人の男性が二人の女性を相手にせざるを得なかったことは、子孫を残す点で必要悪だったと思います。
聖書にある「堕天使ルシファー」とは、おそらくこの男性を意味すると考えられます。特に「堕天使」の「堕」は「低級の惑星である地球に遭難した」こと、「天使」は「高級の宇宙人」のことと考えられます。

その後のユダヤ人の苦難の歴史は、少なくともモーゼ以降はほぼ聖書のとおりです。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、ユダヤ人は決して差別の対象にはならないと感じた方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。