竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
平和=自由×愛×愛
最近気になっている、金星から地球に来たというオムネク・オネク師(Omnec Onec)をGoogleで探していたら、こんな式が登場しました。

P=fl2
http://www.humansearth.com/(ウィンドウを新たに開きます)



上のリンク先の一番下に書いてあります。
Pは平和、fは自由、l(=Lの小文字)は愛です。
この式は、平和は、人の自由度に比例し、人の愛情の強さの2乗に比例することを意味します。

なお、同リンク先では近似式もあり、

Freedom + Love = Peace


とも表しています。この式は1次式で、人の自由度と愛情の強さの和で平和になることを意味します。

この式の特徴は、以下の通りです。
  1. すべて示強変数である
    示強変数とは、温度や圧力、電圧など、場の強さを表す尺度を言います。
    対義語は「示量変数」です。長さ、面積、体積、個数、時間など、目と手、時計などで測れる(量れる)尺度です。
    物理学の方程式は、示強変数と示量変数の積で表されます。

    例:理想気体の状態方程式
    PV=nRT
    P:圧力、T:温度→示強変数
    V:体積、n:分子の数→示量変数
    R:気体定数(P,V,n,Tの単位によって決まる)



    平和、自由度、愛情は、人間社会の質を表すため、全て示強変数です。
  2. 基準が不明
    どの状態をもって1とするかの基準が分かりません。よって、この式は数値化できません。


要は、自由な社会のもと、お互いに愛情をたっぷり注ぐ人間関係を築ければ、平和はより確かなものになると主張しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、人間社会での自由を広げ、人間同士の愛情でつながり合い、恒久平和を実現したい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。