竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ジュセリーノ氏日本版公式サイトにリンクしました
ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース氏の日本版公式サイトにリンクしました。
本書では、私による勝手な解釈があるかも知れず、そちらの方が情報が正確であろうと思います。
また、日本版からブラジル版にリンクされています。そこでは、ポルトガル語ほか、欧米諸言語でもご覧になれます。

同時に、たま出版にもリンクしています。
今年出版された『続・未来からの警告~ジュセリーノ予言集II』(サンドラ・マイア氏との共著)には、私が昨年10月に発生していなかったと思っていた、昨年11月の大阪の地震についても載っています。
その地震について、事実も含めて正確な情報を得ていなかったことは恥ずかしいことですが、ぬか喜びは怖いものだと気づかされた1冊です。

いずれも、リンク集がありますので、興味のある方はご覧いただければ幸いです。

ジュセリーノ氏のサイトを読むにあたって重要なのは、人類同士の愛と、環境問題への関心です。
幸い、日本には竹内文書ほか、古史古伝があり、それらが参考になります。いずれも、国にとらわれない人類の調和が描かれています。
聖書や安藤昌益もそれらに沿った思想なので、対比させて読むとよいでしょう(ただし、聖書を読むにあたっては、バビロニア・タルムードにとらわれないようにお願いします)。

実は、日本にも、ジュセリーノ予言よりは抽象的ながら、思想が近い予言があります。それは日月神示(ひふみ神示)です。日時は特定されていないものの、世界は両者に近い筋書きで破滅の道を進んでいます。
日月神示(ひふみ神示)については別記します。

ジュセリーノ氏も、地球の未来に関連して日本人に注目しています。
まずは私たち日本人が行動することに期待して、本記事を閉じることにします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、環境問題の解決に関心があり、世界中の人々を救いたい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。