竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/02/09(土)   CATEGORY: 4.2 私信
平成20年一般参賀に参りました
平成20年1月2日。今年も一般参賀が無事に執り行われました。
私は、その日の最後のお出ましに参りました。

「新しい年を共に祝うことをうれしく思います。年頭に当たり、国民の幸せと世界の平安を祈ります。」
天皇陛下のお言葉は、今年も変わりありません。
それだけに、「国民の幸せ」と「世界の平安」へのお祈りは、普遍的な内容であると考えられます。

今年こそ、国民の幸せ(治安、健康など。福祉も本来は幸せの意味)や世界の平安(戦争やテロの終結、国際社会の融和など)が実現することを、天皇陛下と共にお祈りいたします。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半に、一般参賀の様子と、お参りする際の注意点をまとめました。一般参賀にお参りしたい方のご参考になれば幸いです。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
今年の新年の一般参賀では、二重橋門から入場しました。

入場する前に、荷物を預けることができます。そのあと、荷物検査や身体検査を受けます。同性の警察官が担当します。
このとき、重要な注意点があります。ペットボトルを皇居に持ち込むことはできません。
その日、私は緑茶のペットボトルを持っていたため、飲み干してから空のペットボトルを捨て、先へ進みました(もちろん、専用のごみ箱は用意されていました)。

厳重な荷物検査の後、天皇皇后両陛下や皇族方に向けて振る日の丸を受け取ることができます。

そして、二重橋門をくぐり、急な坂を上って、宮殿にたどり着きました。

その間、一部の人が立ち止まり、写真を撮っていました。しかし、立ち止まらないよう注意が放送されました。理由は、後続の人とぶつかる恐れのないようにとのことでした。

さて、私は前から3人目に立ち、天皇皇后両陛下や皇族方のお出ましを動画で撮影しました。しかし、この位置が、天皇陛下のお言葉以外で撮影に失敗した原因の一つとなりました。

突然、「天皇陛下万歳」の声があったため宮殿の奥にカメラを向けると、天皇陛下を先頭に、皇后さま、皇太子様、秋篠宮様ご夫妻がお出ましになりました。その直後、前の人の旗で遮られ、陛下が見えなくなりました。

ちなみに、撮影失敗は、別の原因もあります。旗を持ちながらカメラを持っていたからです。
だからといって、三脚や一脚は禁止されている撮影会があることから、報道関係者以外は三脚や一脚は禁止されているだろうと、手でカメラを持ちました。

お出ましが終わると、坂下門、桔梗門、乾門から退出できます。私は桔梗門から退出しました。
門を出ると、旗を配っていた団体が旗を回収していました。
なお、旗は持ち帰ることもでき、私も持ち帰りました。自宅に持ち込むと、中央に金色の円いテープを施し、本来の日の丸を再現しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先で当方を応援していただくのもうれしいですが、
  • 一般参賀や参観に興味のある方、沸いた方、
  • 一般参賀や参観をされたい方
は、宮内庁のHPをご覧いただければ幸いです。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。