竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
元共同創始者、Wikipediaを見限る
ネット社会を取り上げている某ブログから貼られていたリンクで、Wikipediaが取り上げられていました。
Computerworld.jp「Wikipediaの権威失墜。それがCitizenduimを作った理由だ。」
Wikipediaの権威失墜 - 道理で竹内文書がまともに取り上げられないわけです。

取材を受けたラリー・サンガー氏は、Wikipediaの共同創始者です。
Wikipediaの権威が失墜した理由も、自らの発言「ルールを無視しなさい」が誤解されたものだと考えているとのことです。
なお、正しい意味は、「ルールに寛容になり、安心して書いてください。」という意味です。
細かいルールに神経質になりすぎず、安心して書けばよいと言いたかったのです。
誰かが訂正してくれることに期待すればよいのです(この思想は性善説に立つもので、他力本願の本来の意味でもあります)。

ユーモアのつもりで言ったその言葉、実は私は、タイトルだけでは誤解していました。「こんな表現で、果たして質の良い記事が出来上がるのだろうか。」と。
案の定、匿名性を隠れ蓑にした無秩序な編集・削除が行われていました。

しかし、Wikipediaに、「戦いの場ではありません」と書いてあることは、一つの救いです。名誉挽回の余地は残されています。
Wikipedia「ウィキペディアは何でないか」

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
後半では、インターネットの現状に対して、Wikipediaの失敗を繰り返さないための方法を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
実は、国際的陰謀組織の手に掛かれば、どんなに匿名性があっても、現実であれ、インターネット上あれ、個人を把握することは簡単なことです。私もまた把握されているはずです。
但し、陰謀組織によってプロの悪人が泳がされているため、犯人が捕まりにくいのです。善人が損をし、素人の悪人が摘発されるだけの、世知辛い世の中なのです。

では、Wikipediaをはじめ、インターネットを支配する匿名性に光を当てるには、どのような仕組みが必要か。
ヒントは、宇宙の中心すめらみこと=天皇に立ち返ることです。具体的には、以下の2点を強く意識することです。
  1. 中心確立

  2. 相似形


銀河系の恒星は、各々の銀河の中心を回っています。私たち地球を含む天の川銀河もまたその銀河系の一つです。
また、太陽系の惑星は太陽を中心に(見かけ上)回っています。実際には太陽の回転運動に沿って波型に運動しています。
ミクロの世界では、原子核を中心に電子が取り巻いています。「回る」と言わなかったのは、量子力学の不確定性原理が理由です。
同じように、人間社会の中心に、天皇を据えるべきです。
円運動や楕円運動は、もっとも平和的な運動ともいえます。

肉体は物質でできています。それらの物質は、分子でできていて、分子は原子が結合してできています。人間社会にたとえると、コミュニティが平和的に確立している状態です。
原子の結合が失われると、分子の情報が失われ、物質が崩壊します。肉体は跡形もなくなります。人間社会で言うと、すべての人がてんでばらばらになり、無秩序な状態でかろうじて生きている状態です。

ただし、この世界には自由があります。宇宙の中心天皇に従うか否かは、強制されません。それでも、自らの行いの結果、善悪に応じてそれなりに報いがあります。

今、インターネットの世界は、単原子分子ばかりの世界です。個人の欲や見栄に囚われた色眼鏡で見がちです。
ただ、管理人が秩序を重んじるも、他人の落ち度に寛容なサイトであれば、宇宙の中心天皇の御心に沿う平和な場となるでしょう。
新しい百科事典Citizenduimがそうなることを願って、本記事を閉じることにします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以下のリンク先では、
  • 天皇中心の社会をインターネット上でも実現したい方

  • 他人の落ち度を温かく見守る寛大な方

  • インターネット上での平和を強く求める方

を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。