竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
黄泉の国=夜見の国=諸外国
古事記では、イザナギノミコトとイザナミノミコトが日本の祖神とされています。
イザナミが陰部をやけどして死去したため、イザナギは死者が住むという黄泉の国に旅立ったと書かれています。また、イザナギは醜く変わり果てたイザナミを見て逃げ出し、黄泉の国の魔物を黄泉平坂(よもつひらさか)にて倒して帰還したとかかれています。

しかし、それは誤りです。竹内文書によれば、イザナミは股間をやけどし、療養のために夜見の国に旅立ったのです。
また、イザナギはイザナミとともに日本に帰るとき、地元「ヘラサカイト」の人々に引き止められていたのです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
後半では、「夜見の国」と「日出る国」日本の対比を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
黄泉の国は夜見の国とも書き、諸外国を表します。その対義語は、昼の国、つまり日本です。
日本で夜が明けるとき、地球の反対側では日が沈みます。
このように、日本を「陽」としたとき、諸外国は「陰」となります。
そのほか、陰陽の対比を、以下の表にまとめました(PCでご覧ください)。
>
表 陰陽(日出国・夜見国など)の対比
ヒイズルクニ(日出る国、昼の国)ヨモツクニ(夜見国)
朝日
日本諸外国
日の丸の旗月や星の旗
日人(日本人)五色人(外国人)
天皇皇后
先祖・親子孫
兄・姉弟・妹
師匠弟子
親方(上司)部下
発光吸光(光の吸収)
供給需要
賞賛感謝
精神物質
原子核電子
恒星惑星・衛星
太陽


日本人は五色人ではなく、日人です(故・高坂和導氏は「ひびと」と読みました)。諸外国の模範となるべき民族です。
私たちは救済の手を差し伸べることができ、また、世界の混乱を救うための先例を示す可能性があります。

日本人は、世界に通じる道徳や技術を次々に持つようになりました。例えば、日本企業は、品質の管理は厳しくするのではありませんが、良い品質を作る技術に長けています。
それがアメリカで研究され、生まれた言葉が「シックスシグマ」です。標準偏差の6倍に相当する差をいかに狭めるか、日本企業は品質の向上に務めてきました。
最近になって、耐震偽装や、食の安全(消費期限や食材の偽装など)に対する甘さが指摘されるようになりました。それだけ消費者の目が厳しいのが、日本人の美意識です。
なお、日本人の品質への厳しさは、海外進出した日本企業を通じて、香港企業にも影響を与えたと言われています。

日本の政界では、先例が無いことを避ける風潮がありました。小泉純一郎氏が内閣総理大臣に就いたときから、その風潮がなくなりつつあります。つまり、日本の政治もあるべき姿に変わりつつあります。

この調子で日本が変わり、世界に見本を示すことができる日を夢見つつ、本記事をとじることにします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以下のリンク先では、日本の役割を理解できた方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。