竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
水と電子で解く「水が持つ記憶」
水は、現代科学においても奥の深い謎の物質です。
水は、大学の教科書には載っていない性質も含めて、以下の性質を持っています。

物理的性質
  1. 融点0℃、沸点100℃

  2. 液体では4℃で体積が最小になる

  3. ごく薄い青色

  4. 水素-酸素結合の角度は104.5度
    →水素があるほうが正(+)、水素がないほうが負(-)に分極している

  5. 水素結合を形成する

  6. 圧力を高めると、いろいろな氷ができる

  7. 赤外スペクトルで、バンドが広い

  8. 水素により放射線を吸収する

  9. 液体に10分の1の体積の空気を混ぜると、高エネルギーを得られる


化学的性質
  1. 水素結合により、イオンや極性分子と結合する(水和)
    →食塩などのイオン、砂糖(厳密には、その成分であるしょ糖)やアルコール、アセトンなどの極性分子は水に溶ける。

  2. 酸、塩基(アルカリ)と作用して水素イオン(H+)や水酸化物イオン(OH-)を生じる

  3. 上記と関連して、水酸化物より強い塩基である有機金属化合物と作用して、有機化合物を生じる

  4. 水性ガスシフト反応
    CH4+H2O→CO+3H2

  5. 酸素で飽和してる水は酸化剤になる

  6. 超臨界状態では化合物を分解する
    生成物は、二酸化炭素(CO2)、水、塩化水素(HCl)など


霊的性質
  1. 結晶の形として、人の感情、文字や音楽の意味を映す


ここで、「霊的性質」と分けて表示しましたが、いずれ「精神的性質」ないし「生物的性質」となることでしょう。
そのヒントは、アストラル体の構成成分、電子です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
後半では、水の物理的(電気的)性質から、文字、言葉、音楽による結晶の形への影響を探ります。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
水は記憶する、と最近言われています。
その水の分子にも、電子があります。それらは2個単位で働くことが多く、その役割に応じて2種類に分かれます。
  1. 孤立電子対(非共有電子対)
    隣の原子と結合しておらず、ただ対をなしている電子。水の場合は酸素原子に存在する。

  2. 結合電子対
    隣の原子との結合のために対を成している電子。水の場合は水素原子と酸素原子を結合している。

水素結合がある場合、水素の作用によりこの両者を行ったり来たりします。

なお、電子が1個単位で働く場合は、次の場合が考えられます。
  1. 別のイオンが溶けている場合

  2. 酸化還元反応が起こっている場合

  3. 電流が流れている(つまり、電流と逆向きに電子が動いている)場合


さて、前半で取り上げたとおり、アストラル体にも電子があります。
アストラル体は精神に関する生命体です。アストラル体と水との間で情報交換する場合は、電子がかかわると考えております。

将来は、水から記憶を取り出すことが可能になることでしょう。
そのとき、ウソ発見器も大きく変わることでしょう。しかも「真実探索器」と改名され、犯罪の撲滅に大いに役に立つこと請け合いです。

犯罪がなくなれば、竹内文書に描かれている、太古に実現していた恒久平和が復活する日も遠くありません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以下のリンク先では、私たち人間は、精神的にも水と共に生きていることが分かった方、また、それを知っている方を集計しています。
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。