竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
人間と動物の違い(2) 生物体の構造の違い
人間と動物の違いは、感謝の表現(→「人間と動物の違い(1)」)のほかにもあります。
人間はアストラル体を持つ。動物にはない。
「アストラル体の正体」(当方ブログ)

さらに詳しく言うと、人間には以下の9体からなる多重構造となっています。
  • アストラル体

  • アストロサイキック体

  • 典型精神体

  • 流動体

  • 生理体

  • 肉体

  • その他3体

動物には、以下の3体しかありません。
  • 流動体

  • 生理体

  • 肉体

その証拠は、生殖行為に見られるといいます。

アストラル体は、上記のリンク先に書いたとおり、4×1023(言い換えれば3分の2モル)の電子で構成されています。
そして、前世の記憶を備えており、現世で肉体を通して精神的体験を取りまとめています。

人間は同じ過ちを起こさない(可能性が高い)のに対して、動物には同じ過ちを犯します。その代表例は、昆虫です。

ハエがハエ取り棒に貼り付くことは、ネズミ並みの学習能力さえあれば避けることができます。しかし、休憩する(具体的には、羽を休める)ために足を着ける必要があり、運悪く粘着剤に引っかかってしまうことが非常に多いのです。

また、ゴキブリなどのいわゆる「害虫」や、ネズミなどのいわゆる「害獣」を駆除するのに、毒エサを撒く方法があります。
これは、毒エサへの警戒に対して、食欲の貪欲さが強いことを利用していると考えられます。

一方、人間は、生理的欲求、特に食欲や性欲を抑えることができ、欲求のバランスをとることができます。
だからこそ、例えば、毒性の知識から命の危険を察知し、毒が盛られた食事に手を伸ばす可能性は低くなります。
その分、精神的な欲求を満たす余裕があります。精神的に充足すれば、アストラル体は進化し、より進化した星に生まれ変わることができます。
そう、人間は、生命を脅かされない平和なときにこそ、その本領を発揮するのです。

そう考えると、おのずと恒久平和が必要であることも理解できると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以下のリンク先では、
  • 精神的に進歩したい方

  • 平和を追い求める方

を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。