竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
人の行動の正しい見方
人の問題行動、逸脱行動を監視する4つの観点を、日下公人著『「質の経済」が始まった 美の日本、カネの米中』より引用します。
日下氏は、これらの観点を政治家と役人に対して用いています。なお、私に言わせれば、一般に人の行動にも当てはまります。
  1. 動機で見る

  2. 結果で見る

  3. 関係者で見る

  4. 理論づけのインチキを見る


ここで私事ですが、私は平穏無事に生きたいと思っていましたが、どうやらそうはいかない予言が多発しています(ただし、私個人に関する不吉な予言はまだ知らない)。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
では、具体的にはどのような行動に悪意を感じるか。それは、別に述べる予定です。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。