竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今のうちに社会の膿(うみ)を出しつくそう
今年(2007年)までに、汚職(*1)、食材や耐震強度の偽装、年金記録の破棄、殺人事件、果てはゴミ問題や地球温暖化の予測など、国民を不安や恐怖に陥れる事柄が次々に発覚してきています。
また、ネット社会でも、悪意のあるユーザが幅を利かせ、パソコンの初心者や経験の浅い人を陥れ、一部自殺に追い込まれた人もいました。これはある意味、ゴミ問題や環境問題が吹き飛ぶ程の大きな問題の一つです。

これを機に、この世の悪について知り、人としてのあり方を学びましょう。
そして、良いことを積極的に行う一方、これ以上悪いことはしないことが大切です。

(*1)汚職:ここでは、官製談合、賄賂、業務上横領といった本来の「汚職」のほか、(特別)背任、インサイダー取引のような民間会社の業務上で起きた犯罪を含めます。

儒学の言葉に、

積善の家には必ず余慶あり(易経・文言)


があります。
この言葉を地球人全体に拡大解釈して、本記事の合言葉とさせていただきます。
積善の星には必ず余慶あり

来年(2008年)始まるとも言われる地球の大変革に対応するには、今のうちに、社会の悪事を止め、環境を回復し、保護しましょう。
そして、私たちも心の大掃除が必要です。

もし間に合わなければ、2007年12月31日、黒い雲に覆われるところから、地球の大変革が始まってしまいます(マリオ・エンジオ『未来からの警告 ジュセリーノ予言集I』徳間書店(2007))。そうなると、
積不善の星には必ず余殃あり
と言わんばかりに、2008年以降、災害や治安悪化(戦争も含む)、疫病に見舞われてしまいます。これが、当ブログの紹介文や本記事で述べる「地球の大変革」の悪いシナリオです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
では、良いシナリオを迎えるために、どのようにすればよいか、後半で述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
国際的陰謀では、世界の人口が3分の1になれば世界を支配できるともくろんでいます。
しかし、それは陰謀家たちが生き残っていることが前提です。
世界の人口が3分の1になるのは、小惑星の衝突であると言われています。

二〇一九年-
(中略)小惑星の接近に関して科学の力で解決できる可能性が出てくるが、もし地球に衝突すれば世界人口の3分の1が滅びる
前掲書『未来からの予言』


この予言がある限り、陰謀組織による地球の支配は成功率の低い企みですね。

それでも、私たちに必要なのは、陰謀家たちが仕掛けてくる、以下の負の感情を持たせる事件です。
  1. 怨念
  2. 執念
  3. 残念
  4. 懸念

「精神的な進歩を邪魔する国際的陰謀」(当ブログ記事)
特にテレビのニュース、新聞や雑誌の記事は、上記の負の感情を持たせるだけでなく、金儲けも目的の一つです。
世の中の動きの正しい見方は別の記事で述べることにして、ここでは、ニュースを見たとき、新聞や雑誌の記事を読んだときは、
ただ、どんなことが起こったかを冷静に知ることだけが重要
と言っておきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、地球の大変革を良い形で迎えるため、精神的に進歩したい方集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。