竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
反重力テクノロジー
未来について論じられた方の中に、以下のような過期待が見られます。

念力で移動する

しかしこれは、最上級の宇宙人・ティアウーバ星人でさえも多大なエネルギーを使う現象です。
その代わりに、反重力テクノロジーを活用するといいます。

私は、竹内文書に記録がある「天空浮船」も、故・高坂和導氏が呼んだUFOも、地球に反重力テクノロジーがあった証拠として重視しています。

噂によると、NASAが反重力性を生み出すシステムを秘密裏に開発していると聞いています。
研究・開発を秘密裏に行うことは支配欲の現れであるため悪いことです。しかも、NASAといえば、航空技術や宇宙開発技術を軍事目的に応用できる機関であるため、NASAの秘密主義は許すわけにはいきません。

真偽はともかく、その噂の存在は、われわれ地球人にも反重力テクノロジーを利用できる夢をもたらすこととなります。
そう、太古の地球でも使われたと思われる反重力テクノロジーを、未来には復活するであろうと期待しています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
では、ティアウーバ星人が説明した反重力を手にするヒントを、後半で述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
まず、重力は磁力の一種であるといいます。ティアウーバ星人は、重力を「寒磁力」(ケイ・ミズモリ訳、『超巨大[宇宙文明]の真相』、徳間書店(1997))と呼んでいるくらいです。

空中を移動するには、反重力エネルギーを発生させる装置を利用するとあります。その原理は、前掲書に以下のように説明されています。

人間は岩のように物質でできていますが、ある高周波のバイブレーションを使って寒磁力を中性化することで、“無重量”になります。そして運動に方向性を与えて移動するために、異なる周波数のバイブレーションを使います。(中略)これと同じ原理は、<ムー>や<アントラティス>やエジプトのピラミッドを建造した人々にも使われました。



ここで、エジプトのピラミッドがどのように造られたかも紹介しました。つまり、多人数の奴隷を使って造られたのではなかったといいます。

繰り返しますが、われわれ地球人にも、反重力テクノロジーを手にするチャンスはあります。
なにも、NASAの守秘義務を破り、NASAから技術を盗み出す必要はありません。自分で開発すればよいのです。

ヒントは、以下の3点です。
  • 重力=磁力

  • 高周波の波動で無重量となる現象の解明

  • 異なる周波数の波動による物体の浮動


そして、無重量が地球上で実現すれば、以下のように平和的に活用したいものです。
  • 天空浮船の復活(今で言う航空機・宇宙船への応用)

  • リニアモーターカー(何も同極の磁力による反発力は要らない)

  • 上記の移動手段の貨物輸送への応用

そうすれば、石油を全く使わずに人や物の往来ができるようになり、地球環境に優しい生活が期待できます。
そのようにして、二酸化炭素を削減できるのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、
  • 竹内文書にある天空浮船を復活したい方

  • 反重力テクノロジーで自由に飛びまわりたい方

  • 反重力テクノロジーに関係なくとも、地球環境に寄与したい方

を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。