竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
日本から従来の工場が撤退するにあたって
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

私はかつて工場に勤めたことがあります。それから3年以上たった今、その工場と同じ業界に入る道が見えてきました。ただし、その会社の職場は海外がほとんどで、国内の業務は限定的です。

それもそのはず、昭和時代に日本企業が得意としていた加工貿易が、昨今の円高の影響で不利になったからです。
私は面接でソフトウェア業界の企業を訪ねたところ、下手をすれば、日本に残る産業は、サービス業と地産地消の産業のみになるという見方を聞かされました。
つまり、日本がアメリカの再来となってしまうというのです。

製造業がなくなれば運輸業も成り立たない。が、世の中には、そんな日本を救う技術があるというのです。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
製造業の撤退が相次ぐ日本に、光はあります。
まず、世の中には以下の現象がまことしやかに語られています。
  1. 現代科学では説明できない現象、事象が発生する
     既に判明している事実や、既に説明されている理論の組合せさえも不十分です。
     例えば、東日本大震災が記憶に新しい、地震に関する現象です。地震にはその前触れと見られる現象が目撃されており、宏観現象と呼ばれています。地震雲や空が赤くなる現象等、地震の直前に発生すると言われている現象のことです。
     石英は圧電体です。また、プレートには巨大な力がかかっていること、地震が発生すると、それ自体または余震によってひずみが解消されると考えられています。しかし、それらの事実や理論を利用しないため、現代科学では説明できていません。

  2. 現代科学では説明できない技術が存在する
     入力より出力が大きいポンプ、永久磁石のみでエネルギーを取り出せる回転体(以上、参考文献1)、ヒヒイロカネがその一例です。
     ヒヒイロカネは一度成分分析が行われました。その反証として、ヒヒイロカネの錆をSEM-EDX(走査型電子顕微鏡・エネルギー分散型X線分析)など、他の分析法で分析する必要があります。


技術が科学で説明できないなら、それを説明する科学が必要となるはずです。よって、これから以下の事業に取り組むと、日本の未来が見えてきます。
  1. 未解明の現象、事象を説明する科学を追究する

  2. 未解明の技術を量産し、またはその技術を説明する科学を追究する
     原子力に不信が募り、火力の経済性の悪さも露呈した今、高出力のポンプや永久磁石の回転体など、未解明のエネルギー源を活用しようではありませんか。
     福島第一原子力発電所の爆発事故により飛散した放射性物質を回収する作業は必要であることを差し引いても、火力や原子力を20世紀の社会悪として認識する日も、そう遠くはありません。

  3. 精神性を重視する社会を築く
     頭数や工数だけの労働力の計算ではなく、精神面での適材適所を重視する。好きこそももの上手なれと心から言える環境を作っていきたいものです。

その手段として、お金からの自立、そのための農耕が必要とされると考えます。
そうすれば、安藤昌益が求めていた自然世が実現し、日本人は竹内文書で描かれているとおりの農耕民族として復活すると考えています。

日出ずる国日本に光あれ。
秦順途



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

参考文献
  1. 深野一幸 著、『来るべき宇宙文明の真相』、徳間書店(1996)
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。