竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
環境問題と食糧危機を通じて、いよいよ国際的陰謀の露呈が始まった!
最近話題を呼んでいるバイオ燃料と捕鯨問題を通じて、私が言いたいことがあります。
それは、世界的食糧危機はもう始まっていることです。

人類は、農業と漁業、そして牧畜によって支えられています。その根幹を崩しかねないこれらの問題こそ、本記事の主題です。
一つはバイオエタノール、もう一つは捕鯨問題です。これら2件は、環境問題とあいまって、人類の生存条件がより難しく、かつ複雑になる大きな問題です。
穀物も海の幸も摂れなくなり、もう、先進国にいても生きていくのが難しい…これこそ、国際的陰謀の狙いです。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
なお、なぜここで国際的陰謀?と思われた方は、続きをお読みいただけると幸いです。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
まず、国際的陰謀とは、世界の全人類を支配下に置こうとする陰謀です。
かつては、「ユダヤの陰謀」として有名でした。そのユダヤ人とて、全員が全員、陰謀に関わっているわけではないことが、すでに判明しています。
別に述べますが、ユダヤ人の大部分の祖先は、地球人より高級の宇宙人が地球に「遭難」して住み着いた身なのです。
むしろ、一部のユダヤ人陰謀に関わるのは、洋の東西を問わず、金銭欲、支配欲に駆られた地球人の悪影響なのです。

もっとも、国際的陰謀の手口は、食糧問題だけにとどまりませんが、すでに成書で取り上げられているので、ここでは取り上げません。

環境問題、これに食糧問題を掛け合わせる。これで、世界の人口を支えることができなくなる。だから、大量に餓死して世界の人口が減る。これが、国際的陰謀家の狙いなのです。
世界の人口が3分の1になれば、世界の全人口を支配できると計算したからです。

ここで障害になるのが、日本です。
栗原はるみさんが「日本の主婦は世界一多彩な料理を作る」と表現したくらい、日本の食卓には多彩な料理があります。
それだけ、輸入を含めて、食材が豊富なのです。

ここで、日本をはじめ、捕鯨国に捕鯨を始められたら、どうなるか。
鯨(クジラ)の肉を得ることで、農耕や牧畜に頼らずに食料を得られる。すると、日本人や捕鯨国の国民を世界的飢餓に巻き込めなくなる。これは、陰謀家たちにとって恐ろしいことです。私たち日本人や捕鯨国の国民の中から、一人でも自分たちの悪事を知る可能性があり、自分たちの一巻の終わりを意味します。
だからこそ、アメリカなど、いわゆる「反捕鯨国」を通じて捕鯨禁止に働きかけているのです。

なお、鯨は、ひげ、脂など、「捨てるところがない」といわれるほど、日本においては肉以外の部分も役に立ちますが、ここでは取り上げません。

「世界の人口が3分の1になる」という計算は、世界の預言書を引用した後からのこじ付けだと思います。
例えば、岡本天明画伯の自動書記から翻訳された『日月神示』では、世界の人口が3分の1になるという訳に仕上がっています。
ただし、私は、この訳本から、災害や殺戮による死亡を予感しています。それは、上に述べたとおり、食糧危機が陰謀による人災である可能性が高まったからです。

大阪では、木屑からバイオエタノールを生産する工場があります。
このように、食料問題と環境問題をもう一度別問題に切り分けるだけの知恵がさらに出ることを期待して、本記事を閉じることにします。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンクでは、国際的陰謀が確かに存在することが分かった方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。