竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
【東日本大震災】買いだめ騒動を振り返る
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

 3月11日に日本で発生した巨大地震(平成23年東北地方太平洋沖地震)の通称が、4月1日、政府により東日本大震災に決定されました。本書でも、今後、東日本大震災と記します。
 さて、本記事の前半では、東日本大震災直後に発生した買いだめを振り返り、後半では震災前のある状況との類似性を述べます。

NHKの情報バラエティ『あさイチ』(参考文献1)で、買いだめに走る主要な心理が3点取りあげられました。
  1. ひとりでパニック

  2. 人に流されて

  3. 子供のために

首都圏直下型地震が控えているという私の予想(参考文献2)に反して、いずれも、当時ないし過去の情報が鍵を握っていると考えられています。

過去のオイルショックの映像、店での品薄、他人が買った量を見て、自分も必死になって買いあさってしまい、それを多人数で行ってしまったため、事態をより悪化させてしまった模様です。

ただ、どの原材料が足りない(容器が足りなかった)、自動車の燃料が足りずに輸送できない等、という状況が、マスコミからも供給されていなかったこともあったと思います。

その点では、私は水タンク用の光触媒を持っていてよかったと思っています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、震災前のある状況との類似性を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
先月の買いだめ騒動と似たような現象が、震災前に起こっていました。それは就職活動です。

特に問題になっていたのは、求人倍率、内定獲得数、学力・学歴、コミュニケーション能力、大手から中小企業へのシフト(以上、参考文献3)、留学に対する意識(参考文献4)、転職者の場合は実務経験等の職歴です。

しかし、何のことは無い。求職者に的確な情報が伝わっていないことの方が深刻なのです。
特に、応募先の事業内容や財務状況を的確に把握することが、内定につながったとのことです(参考文献5)。

とは言え、企業には企業秘密が多いのも事実です。
中には、株式を上場していないため、財務諸表を公開していない会社もあります。私が応募した会社は中小企業が中心だったため、いずれもこのタイプです。
人脈が全くない私は、財務状況から社風まで全般的に、つてをたどって情報を集める戦術が使えません。

今回の震災直後における買いだめ騒動、および就職活動の情報不足の教訓として、以下のことが考えられます。
  1. 情報はより正しいものを
     中には、本当の情報を正しく知らせず、落とすための面接を行う圧迫面接も行われています。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

参考文献

  1. NHK『あさイチ』、「シリーズ 大震災から1か月(2) なぜパニックは起きたのか」(2011年4月12日)

  2. 本書「東北地方太平洋沖地震で、思うところ」

  3. 砦の番人、『最後の砦』、「若者側に責任を押し付けたがる社会風潮(前編)」

  4. NHK、『Bizスポ』、「どうする就職難 企業は?学生は?」(2011年3月4日)

  5. 加藤清紀、『決算書が読めれば内定が取れる!』、光文社(2009)

スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。