竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
携帯対策は英検2次検定を見習え
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

私事ですが、私は実用英語技能検定を受験したことがあります。
これまで、不正行為を行わなかったこともあり、2級まで合格できました。

それだけに、今年、携帯電話による大学入試問題の投稿は、残念です。
専門家は、携帯電話の持ち込みをチェックすることは難しいと考えているとのことです。

しかし、英検を受けたことがある私としては、答えは出ています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、英検2次検定での対応手順を簡単に説明し、あらゆる試験に対応できる可能性を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
英検の2次検定における携帯電話への対策、それは、携帯電話を袋詰めにすることです。
うろ覚えで申し訳ありませんが、手順を簡単に申し上げます。
なお、英検は「検定」なので、「検定」を受ける行為を「受検」すると表記します。
(他の試験で、「試験」と書かれているものを受ける行為は、「受験」と表記します。)

  1. 電源を切る
    袋に入れる前に、立会人の前で携帯電話の電源を切り、操作できなくなったことを立会人が確認します。

  2. 指定の袋に入れる
    立会人が、首にかける紐がついた指定の袋に入れます。この袋は、無色(一部着色あり)の軟質プラスチック製です。これで、機種によっては、試験中に電源を入れることができなくなります。

  3. 携帯電話の袋を首に掛けて検定(試験)を受ける
    受検(受験)者の携帯電話の場所が予め分かっていれば、試験管が携帯電話による通信=不正行為を発見しやすくなります。

  4. 検定(試験)終了後、立会人が開封する
    受検(受験)者は立会人に袋を渡し、立会人が開封して端末を受検(受験)者に返します。

この対応は極めて簡単なので、試験の主催者の意識次第で、他の試験に応用することができます。

また、袋は軟質プラスチック製なので、燃料以外の目的で石油を消費します。
この対応は、エコカーの普及と投機マネーの流入で窮地に立たされている石油業界を助けることにもなります。

それにしても、大学入試がネット頼みとは、情けない限りです。
努力を忘れた人間は、いわゆる「ゆとり教育」で問題になった生きる力を欠く点で、残念です。

しかも、今回狙われた大学は、いずれも一流大学です。
このような世渡りは卑怯ですから、このまま社会に出ても、コンプライアンス(法令・道徳・約束事の遵守)の軽視として槍玉に挙がり、解雇の対象となり得ます。

幸か不幸か、件の投稿者の名前は、日本人の名前のように見えます(一部のマスコミによると、『行くぜCIA』の逆と報道していることから、日本名のように偽装した可能性もある)。
入試問題を流出された大学の一つ、京都大学が、業務執行妨害容疑で被害届を提出したことから、件の受験生は被疑者として摘発される可能性が見えてきました。

他の試験においては、同様の問題が起きないように、英検を参考に、対応を検討することを望みます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、英検2次検定での対応手順を簡単に説明し、あらゆる試験に対応できる可能性を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。