竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
もはや苦情にしか聞こえない「擬似科学」との名指し
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

竹内文書をはじめとする古史古伝、ミステリーサークル、UFO……世の中には「擬似科学」と名指しされている物事があります。
昨年は、骨盤ダイエットにも、誤った追求がテレビで紹介されました。

ニュートンやガウスが発見した、力学や電磁気学の特定の現象ばかりもてはやされ、他方が切り捨てられる。真摯に研究している人が損をし、ガリレオ・ガリレイやニコラ・テスラと同様に追いつめられる。もはやこのような歴史を繰り返したくないものです。
現実解に合っている現象は漏れなく取りあげる。そうすればこそ、ニュートン、ガウスら功績が認められている人物と、テスラのように認められていない人物がともに讃えられるのです。

ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
確かに、私は証拠を持ち合わせていません。
一方で、証拠を一度見ておきながら、それを出典として示していないものもあります。
別に、責任逃れをするつもりはありません。一方で、検索逃れもするつもりはありません。

存在が隠されている、ないし否定されている現象の中には、反重力(参考文献1)、永久磁石のみからエネルギーを取り出す技術、水に空気を混ぜて(力学的)入力以上の出力を取り出す技術など(以上、参考文献2)、日本で現象が確認ないし解明されたものもあります。

今年からは、隠されていた現象を「超常現象」や「魔術」とは言わず、事実としてそのメカニズムを真摯に追う、そして、解明できたものは虚心坦懐に説明することが求められます。



翻って、竹内文書はどうでしょうか。
ヒヒイロカネは、成分が分析されたことがあります。
世に言う「天津教事件」の際、竹内文書の否定のために神宝が偽造されたことが判明しています。
古文書の内容は、存在が否定されている神代文字で書かれたものを漢字仮名混じり文(和漢混交文)で書き換えたものの写本です。古事記、日本書紀より昔の古文書に基づくため、それらとも漢字の使い方が異なっています(例:「遍ボ」=「貧乏」の意)。

写本については、炭素14法で新しい年代であることが判明することは、私でも当然と思っています。
それを差し引いても、竹内文書の物的研究は、科学の進歩に役に立つものと期待します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

参考文献
  1. 早坂秀雄著、「[NASAが資金提供を申し出た]宇宙船建造プロジェクト」、徳間書店(2007)

  2. 深野一幸著、『来たるべき宇宙文明の真相』、徳間書店(1996)
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。