竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
学校では教わらなかったコミュニケーションの極意
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

首題の件、あまりにも野放しにされた、由々しき事態です。コミュニケーション能力に個人差が激しいため、就職がそれに左右されます。

自分なりに必要なポイントを考えて、分からない点は積極的に質問する


ブンナビ!2011


この基本的スキルを、なぜ中学校で取りあげないのか、不満があります。
私は、このようなことは、大学の分析化学の講義を通じてやっと聞いたくらいです。
上記のコミュニケーションの秘訣を取りあげていれば、青少年期の仲間同士の衝突も避けられるかもしれません。
このことは、いくら敬語の語法を取りあげても、道徳教育が機能しないようでは、若者の行く末が案じられます。

コミュニケーション能力の格差問題は、私自身の問題でもあります。竹内文書の真実を伝えたくても、コミュニケーションが成り立たないことに、悔しさを抱いています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、竹内文書と民主党を対照し、どちらが安定化を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
今時の若者に足りない能力は、ディベート能力よりもコミュニケーション能力です。前半でも述べましたが、学校でコミュニケーション能力を取りあげない(現時点では、似て非なる「言語力」=論理的に話す能力だけが取りあげられている)ためです。
20年以上前の日本企業には、ベクトル合わせという、社内(それが言い過ぎであれば、部内)の意見の一本化の結果を表す言葉がありました。

数学のベクトルの和は、一方の始点を固定し、終点を他方の分だけ動かす演算です。
多数のベクトルを足し合わせて一定の方向に向くようにするには、互いに逆向きにならない部分を合成するようにします。

早速、菅直人内閣が立ち上がったばかりの民主党で、相反する意見が出ました。
小沢一郎氏の処遇について、枝野幸男幹事長は「幹事長辞任によって一定のけじめがついた」とする一方、前原誠司国土交通大臣は「説明責任を果たすべき」としています。
このように、民主党の小沢氏と距離を置く人物だけを見ても、いかにベクトル合わせがなっていないかが分かります。民間企業より遅れていると言わざるを得ません。この先も、民主党の未来は暗いものと感じられます。

竹内文書に描かれる世界は、民主党の動きの先を行っています。
宇宙の中心天皇を支えること方向にベクトル合わせを行うことは、安定に向かいます。
なお、現時点で天皇陛下にご縁のない方は、目上の人を支えることで、陛下を支えることに代えることができます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先をクリックして本書を応援するのも良いですが、私ではなく、天皇陛下を支える方向にベクトル合わせをしていただけると、地球が助かります。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。