竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
人間の転生と有機化学の比較
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

人は転生します。
人は、肉体だけではありません。2/3モルの電子でできたアストラル体、アストロサイキック体、流動体、生理体などがあります。

本記事で注目するのは、肉体とアストラル体です。
人が生まれる前に、アストラル体は胎児の肉体に入ります。

これを、有機化学になぞらえると、官能基を得る反応に相当します。
官能基が無い炭化水素は、没個性なガスや油です。物理的性質(特に融点・凝固点と沸点)は炭素数と骨格の分岐で説明できます。
余談ですが、私は学生時代、化学分析機器と人生を比較して、「人生はクロマトグラフィー」と嘆きそうになりました。学歴に応じて人生が変わり、しかもやり直しがきかないと思っていました。今は逆に、そうではないことを証明すべく、未経験のプログラム言語の勉強をするなど、スキルアップに取り組んでいます。

さて、官能基が結合すると、水素結合、酸性・塩基性、求核性・求電子性など、化学的性質が変わります。また、それらによって、融点・凝固点や沸点など、物理的性質が変わります。

人間も、肉体だけでは、性別と形質(見た目)しか変わらない没個性な存在です。しかし、実際にはアストラル体を持ち、そのアストラル体が経験した前世による個性があります。前世で作った中和すべきカルマも、個性なのです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
本記事は後半はありません。
下のリンク先では、人生経験と有機化合物にそれぞれ個性があることを理解できた方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。