竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
スメラ経済 ~現代語で言えばパックス・ジャポニカ~
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

「パックス・ブリタニカ」や「パックス・アメリカーナ」という言葉をご存知の方もいらっしゃると思います。
本記事では、太古に存在した「パックス・ジャポニカ」に相当する、スメラ経済についてお話しします。

スメラ経済は、日本と諸外国が直結する交流です。
車輪の構造を思い起こすと分かりやすいと思います。日本を軸とし、諸外国が輪になって、互いに輻(や)でつながっている構造です。
先に「パックス・ジャポニカ」と言いましたが、実際は圧力(現在で言う軍事力や脅迫)や経済力、陰謀で支配する構造ではありませんでした。ひな形思想に基づく国際交流です。

後に、諸外国が天皇否定に染まってしまったため、自らを支える輻が折れ、脱輪した状態のまま今日に至ります。
日本も、外国の支えを失い、道徳や工業規格を中心にガラパゴス化の一途を歩んでいます。
現代、国連が国際社会の中心になっています。しかし、当初から日本が遠ざけられ、現在も日本が常任理事国にならない現状では、「脱輪」の状態のまま、不安定な国際社会となっています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、今後導入が見込まれる世界経済のあり方を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
将来は、ミロク経済になると考えられています。
ミロク経済は、日本とそれ以外の諸国全てが互いに交流する経済です。
もし日本以外の国同士に摩擦があったら、日本が仲裁に入ります。

ここ10年以上、日本に期待が掛かっています。バブル経済の崩壊で個人の経済力が弱まったにもかかわらず、依然として期待が寄せられるには、霊的理由があると考えることができます。
外国からの求心力が高まるなら、それに応えるのが日本人の宿命ではないでしょうか。

その日本人は、天皇陛下への求心力を高めるのが本筋です。まずは日本人が外国に見本を見せ、外国に応用することで、外国人の期待に応えることができると考えられます。
来るべき国際社会の実現に向けて、今からでも準備を始めようではありませんか。

余談
前半では、スメラ経済を車輪にたとえました。
ミロク経済は、パソコンを扱う方に対してマウスボールにたとえることができます。しかし、それでも適切に思えません。ミロク経済にたとえられる移動する球体があれば、コメントコーナーにお寄せいただくと助かります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、全ての国が自由に交流できる世界の実現を待ち望む方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。