竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
日本書紀前半の裏面による警告、国務大臣は知らず

携帯電話でご覧の方へお知らせ

[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。



『日本書紀』の前半部分が裏面解読されて久しいのです(参考文献1)が、未だに真意が伝わっていないようなので、当方でも引用します。

(前略)易学上、泰卦は「地天泰」ともいい、天地が正しく交わって万物がよい状態を保つことができているという状態を示す卦である。したがってこれを神宮祭祀に当てはめた場合、天地の神が正しく祭られていれば、世界は平和安定を保つことができるという意味になる。
 また帰妹卦は、女性が男性に嫁ぐことは大義であり、陰の立場である女性が陽の立場である男性に絶対随順するべきで、女性の方から勝手な行動を起こすとよくないことが起こるということを示している。この卦が神宮祭祀の未来の状態を意味する之卦(引用者注:しけ。未来の運勢を示す卦)として現れた場合、陰の立場に相当する地の神が陽の立場にある天の神から離れて、独自の祭を行うようになると、すべて悪い方向に進むということを暗示することになる。


参考文献1 pp.148-149


しかるに、現代になっても、伊勢神宮と出雲大社が分かれて存在しており、天地の神を同じ場所で祭ることがままなりません。地が天の恩恵を受けられず、また、地から天に向かうはずのエネルギーが天に届かないため、その狭間で人が不安定になります。
すると、答えは一つです。今後、伊勢神宮と出雲大社の合祀です。泰卦から導かれた、天地の神の合祀こそ、天地のエネルギーの和合につながり、人に安定をもたらします。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、政治において帰妹卦の悪い例が発生したことを踏まえて、今後の鳩山内閣の未来を占ってみます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
前半で取りあげた帰妹卦が、何と現代の政治について言える事案が発生しました。前原誠司国土交通大臣の訪米です。表向きはアメリカ合衆国への新幹線技術の売り込みですが、基地問題にも口を出していることが判明しました(参考文献2)。
私はこれまで前原氏を、政治家として未熟(特にコミュニケーション能力に欠ける)と見ていましたが、無能な振りをして本当に親米だったとは、思いもよりませんでした。もはや、前原誠司という男の単独行動を許す訳にはいきません。

前半で取りあげた、『日本書紀』の前半部分の裏面解読を前原氏に当てはめると、以下のようになります。

 易学上、泰卦は「地天泰」ともいい、天地が正しく交わって万物がよい状態を保つことができているという状態を示す卦である。したがってこれを内閣に当てはめた場合、天地の神が正しく祭られていれば、政権は平和安定を保つことができるという意味になる。
 また帰妹卦は、女性が男性に嫁ぐことは大義であり、陰の立場である女性が陽の立場である男性に絶対随順するべきで、女性の方から勝手な行動を起こすとよくないことが起こるということを示している。この卦が政権の未来の状態を意味する之卦として現れた場合、陰の立場に相当する国務大臣が陽の立場にある内閣総理大臣から離れて、独自の政策や外交を行うようになると、支持率が低下し、政治、経済、国際関係、社会が不安定化する方向に進むということを暗示することになる。


(下線部は参考文献1から書き換えた部分)



閣僚という意味で陰の立場にある前原氏が、鳩山首相から離れて単独行動し、しまいには、前原氏と同じく小沢一郎氏と距離を置く仙谷由人行政刷新担当大臣(徳島県出身であることにも注目)に、高速道路料金(参考文献3)を巡って反対される始末です。本州四国連絡橋で、別料金の3000円になる構想だからです。


なお、私は、鳩山氏が天皇陛下を支える考えがあるか、疑問に思っています。小沢氏の意向を汲んで、昨年12月に中国の要人に、強引に陛下を引き合わせた経緯があるだけに、今後の国事行為や国際親善に影響が出ないことを祈ります。
忘れてはならないのは、天皇は宇宙の中心スメラミコトであって、陽の立場にある陛下から見ると、内閣総理大臣は陰の立場です。陛下と鳩山首相それぞれの意向が異なっては、日本が安定しません。ここにも、帰妹卦が応用できます。

神宮祭祀の誤りが、国内政治に影響がある。日本の不安定を避けるには、伊勢神宮と出雲大社の統一、鳩山首相と前原大臣の合流のいずれもが必要です。


ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
参考文献
  1. 竹田日恵+文学考古会著、『「日本書紀」暗号解読』、徳間書店(2001)

  2. 「普天間問題で同盟停滞、米知日派議員が忠告」、読売新聞(2010.5.2)
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。