竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
時は今雨の下しる五月かな
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

時は今雨の下しる五月かな


明智光秀


あたかも織田信長を狙って詠んだとも言われるこの謎の句は、今、創価学会に対する暴露本の出版(参考文献1)に応用できるように思えてきました。
このことは、天木直人氏のブログで知りました(参考文献2)。私はまだ読んでいませんが、天木氏が「覚悟して告白した」と指摘するくらい、

かねてから、上記の明智光秀の句を引用して記事を投稿しようと考えていた時に、参考文献1が出版されるのですから、

小泉純一郎氏が組閣するにあたって、それ以前に主張していた公明党と距離を置く論調は影を潜め、逆に尊重するようになったことは、私も覚えています。もし仮に創価学会と後藤組との関係を小泉氏が知っていたら、どのように反応するか。

また、『第三文明』『灯台』『pumpkin』『潮』の広告から反創価学会への非難の記事が消えたのは、反創価学会潰しの依頼先を後藤組から何者かに切り替えたと思えてなりません。それについても載っていれば、創価学会の現在の人脈も分かるという訳です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
前半では、闇を担ってきた暴力団元組長の告白の覚悟を取りあげました。後半では、他の問題にも応用できる、現状を打破する手段をお伝えします。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
竹内文書を学び、広めようとすると、悲しいかな、それと内容が対極にある社会問題が目についてしまいます。金銭欲、支配欲など、経済的欲求がにじみ出ているからです。

漢方医学に、「表先裏後」「異病同治」という言葉があります。
前者は、表面化している病気を先に治療し、治ったら、いつも患っている病気を治すという考え方です。
後者は、表面上異なる病気も、原因が同じなら、同じ治療法を執るという考え方です。

企業と宗教が金銭欲を満たす手段で、政治と暴力が支配欲を実現する手段なら、それに対抗する手段を講じるべきです。

幸い、私達には竹内文書があります。本書でも書きましたが、欲に勝るのは中心確立です。
参議院議員選挙を通して、天皇陛下を支持せよという訴えを鳩山首相にまで響かせていくこと、それが、日本の安寧に向かう近道です。

最後に、明智光秀の句を繰り返し引用して、本記事を閉じることにします。

時は今雨の下しる五月かな


明智光秀



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、社会の闇に光を当てたい方、社会の闇を知りたい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ

参考文献
  1. 後藤忠政著、『憚りながら』、宝島社(2010)

  2. 天木直人著、『[公式] 天木直人のブログ』、「ヤクザと創価学会の真実」(2010.5.15)
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。