竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
国際的陰謀さえ無くなれば、地球温暖化を克服できる
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

当方が収集できた情報を基に、単刀直入に申し上げます。
  1. 地球温暖化の傾向が確かである
    →○(参考文献1)

  2. その原因が明確である
    →○(2000年周期の気候変動。参考文献1)

  3. 原因を除去することが技術的に可能である
    →不要

  4. 原因を除去することによる効用が原因を除去することに伴う弊害を上回る
    →回答不要(回答は3が○になることを前提にするため)

つまり、二酸化炭素は地球温暖化と関係ないことが判明しています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
さて、本書では、別の理由で二酸化炭素を削減すべきだと主張しています。それは、首題の通り、地球の酸欠です。
これについては、後半で述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
まず、酸素濃度と人体の健康との関係を挙げます。


林業が適切に

炭素を空気中に出さないために、私たちができることがあります。まず、今からできることを、参考文献4に示します。
また、林業は有力です。木を切ってしまっても、若い木を植えればよいのです。

そして、今後の技術革新によって、炭素を活用する方法を、以下に提案します。
  • 可燃ゴミのガス化→プラスチック製造
    炭素間結合は切れにくく、それを切るには、高温にするか超音波を当てる方法があります。研究レベルでは、タングステン錯体を利用する方法が発表されました(参考文献5)。
    さらに、可燃物からの脱硫、脱窒素の技術が確立すれば、より毒性の低い工程でプラスチックを造れます。

  • 炭素半導体
    炭素でできた半導体は、私が学生時代に開発したいと考えていた半導体です。これは、今日知られている技術で可能になると思えます。基板は絶縁体(炭素である必要は無い)で、配線はカーボンナノチューブで造られることでしょう。その場合、課題は静電気です。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、地球の温暖化ではなく、酸欠を予防するために二酸化炭素を削減したい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

参考文献
  1. "Syun-Ichi Akasofu" 各記事, University of Alaska(2007)

  2. 本書「地球を痛めつける核兵器と電磁波兵器」

  3. 本書「地震のとき一瞬光るメカニズム」

  4. 本書「環境利権があっても、石油を浪費する理由は無い」

  5. A. Sattlerほか, Nature(London), 463 523(2010);現代化学、FLASH「芳香環を切断する方法」、11, 470(2010)
スポンサーサイト
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。