竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/03/25(木)   CATEGORY: 0 未分類
トラックバックテーマ 第926回「一日が48時間になったら何に使う?」
最近、時間を追うごとに、時間の流れが速くなっていると言われています。これは、私も含めて、発言者の子供のときと大人になってからを比較している訳ではありません。
そこに、FC2から以下のトラックバックテーマが発表されました。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「一日が48時間になったら何に使う?」です。一日の時間は大体24時間。それが倍になったら…使える時間が増えますが、今より一日あたりに使える時間が増えたら、あなたは一体何をしますか?ほうじょうだったら、読みたい本がたくさんあ...
トラックバックテーマ 第926回「一日が48時間になったら何に使う?」


私としては、1日の時間が24時間であろうが48時間であろうが、変わりません。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、太陽系の惑星・準惑星、月、そして、参考文献1に登場する惑星の「1日」の時間を掲載します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
太陽系の惑星、有名な準惑星の自転周期を、地球との比の値(概数)で表します。つまり、1日の時間が、24時間に以下の倍数を掛けた時間になります。
  1. 水星:60倍

  2. 金星:240倍

  3. 月:27倍

  4. 火星:1倍(ほぼ同じ)

  5. 木星:0.4倍

  6. 土星:0.4倍

  7. 天王星:0.7倍

  8. 海王星:0.7倍

  9. 海王星付近の準惑星
    • 冥王星:6.4倍

    • エリス:1.1倍(やや長い)


参考文献1に「地球人の始祖がいた惑星」として登場する「バカラティーニ星」は、自転周期が21時間(地球の0.9倍)です。

これらの星と同じ自転周期の星に移り住んで、何をするか。それは、個人の自由です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先をクリックして当方に投票することが出来ます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

参考文献
  1. ミシェル・デマルケ著、『超巨大[宇宙文明]の真相』、ケイ・ミズモリ訳、徳間書店(1997)

  2. Wikipedia、「太陽系」ほか、太陽系関連記事
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。