竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「中心が定まれば災害が発生しない」とは
宇宙の中心天皇と宇宙の保護者皇后へ祈る祭りを怠ると地震が発生する。それは、正氣久嗣氏による阪神淡路大震災の前夜を回想です(参考文献1)。正氣氏は、なぜか1月16日の夜だけはその祭りを忘れてしまったとのことです。
私たち一般人にとっては、宇宙の中心と保護者への祈りどころか、人の中心が定まっていないので、地球への影響はなおさら深刻です。

それらには、以下の要素が関係すると考えられます。

人の中心が定まっていないと、アストラル体の電子スピンは揃いません。電子のスピンから生じる磁場も一定の方向を向きません。すると、プレートを構成する石英にあらぬ方向に電場が掛かり、あらぬ方向に歪みます。すると、プレートの運動とは関係ない余計な力も加わった後、岩が割れ、地震が発生します。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
風水害もまた、アストラル体が媒介します。
前半では、人の中心が定まっていないと、アストラル体の電子スピンが揃わないと述べました。今度は、その不揃いな電子スピンによる磁場が水に影響します(参考文献4)。水は常磁性なので、磁場の影響を受けます。水の磁場の向きが揃っていないと、水分子同士が退け合います。水分子の挙動が気まぐれになり、ぶつかり合います。こうしていくうちに水の動きが複雑になり、人間に対してどうでもよくなります。これが今、「普通に」水害が発生する状態です。

人の中心が定まっていると、アストラル体の電子スピンが揃い、一定の磁場が形成されます。すると、水がその磁場の影響を受け、人と共生するように振る舞い、風水害が発生しないと考えます。

地震にしろ、風水害にしろ、人の心が安定していない証拠と見ることが出来ます。それだけに、天皇を宇宙の中心として、皇后を宇宙の保護者として重視することが求められます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、自然と共生するために、宇宙の中心天皇と宇宙の保護者皇后を大切にする方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

参考文献
  1. 正氣久嗣著、『正しい霊とよこしまな霊』、徳間書店(2005)

  2. 本書「アストラル体の正体」

  3. 本書「地震のとき一瞬光るメカニズム」

  4. 本書「水と電子で解く「水が持つ記憶」」

スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。