竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/03/23(火)   CATEGORY: 2.1.2.1 唯物論
地震のとき一瞬光るメカニズム
地震の前触れとして、
  1. 地震雲が発生する。

  2. 空が一瞬光る。

  3. 震源付近で異常な電磁波が観測される。

などが言われています。これらの現象が、科学的に説明できそうです。本記事ではそれを試みます。

砂や岩に含まれる石英は、クオーツとよ呼ばれる圧電体です(参考文献1)。圧電体とは、以下の性質を持つ誘電体です。
  • 歪めると静電気を生じる(=圧電気)。

  • 電圧を掛けると歪む。

地震が発生するまで、プレートの動きに応じて岩が歪みます。そのとき、石英に圧電気が発生します。隣の石英にその電荷が影響し、隣の石英も歪みます。こうして、地震が発生するまでは歪んだ状態で「我慢」しています。そのうち、溜まった電荷が限界に達すると、今までとは異なる運動を起こし、岩が割れます。これが断層です。その衝撃で地震が発生します。

地震の前に光ったり、異常な電磁波が観測されたりするのは、大地から電気が逃げていると考えることが出来ます。
地震雲が観測されるのは、常磁性を持つ水が電磁波による磁場に引き寄せられたと考えることが出来ます。

よく地震学では、地震の前に、プレートに「ひずみ」が溜まっていると表現します。ならば、プレートに含まれる石英が歪んでいれば、大地に電気が溜まっていてもおかしくありません。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、存在がまことしやかに言われている地震兵器についても言及します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
地震兵器は電磁波兵器の一つで、電磁波で人工的に石英を歪めます。そのような芸当は、固有振動数さえ合わせれば出来ると言われています。

別記した通り、地震兵器で地球を傷付けることは、地震によって多くの人を死に至らしめるだけではありません。母なる大地に仇を成す行為です(参考文献2)。地震兵器を使う自分たちも地球で生まれ育っているというのに、それを傷つけることは、

「地震の時に観測される」と言われている電磁波は、自然なものだけであって欲しいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、
  • 地震雲・発光現象という「怪奇現象」は、実はごく「自然な」現象と理解できそうな方

  • 電磁波兵器の原理を知った上で、悪用しない方

を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

参考文献
  1. 本書「実は原料に恵まれている圧電素子と太陽電池」

  2. 本書「地球を傷つける核兵器と電磁波兵器」
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。