竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/03/13(土)   CATEGORY: 2.1.2.5 食と健康
消費期限・賞味期限不経済
消費期限と賞味期限は、ともに切れると商店では廃棄の対象になります。噂によると、近くにホームレスや日雇い労働者がいれば、彼らが食べてくれるといいます。それでよいのでしょうか。

私は何も、「ホームレスや日雇い労働者に消費期限切れや賞味期限切れの食物を与えず、飢え死にさせる」つもりはありません。むしろ、栄養を蓄え、体力を増進して、ホームレスから労働力に転換するのです。

ホームレスから労働力に昇華すれば、自らの手でお金を稼ぐことになります。彼らが自らの給料で食料を買えば、「残飯」に数えられていた食料も減ることになります。

ただし、ホームレスから労働力にするには、体力の増進も欠かせないと見受けられます。そのために、スロージョギングとスローステップが役立つことは、別記します(参考文献1)。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、労働者福祉に対する行政の考え方を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
私は前職で雇用保険に入っていたので、失業給付金を受け取ることが出来ました。このような社会保険(制度)に守られている私たちですが、行政では仕方なく仕事をしているような話を聞いたことがあり、そのような態度に不満を感じています。

行政ではホームレスへの援助を、労働力を増やすための投資と思えばよいのです。物質の世界でも、化学反応には活性化エネルギーが必要なのと同じことです。
人間社会が宇宙のひな形を目指すために、活性化エネルギー(投資)の考えを大事にすることを祈って、本記事を閉じることにします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、ホームレスの援助は社会の活性化エネルギーだとお考えの方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

参考文献
  1. 本書「スロージョギングとスローステップ」
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。