竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
取り調べが始まったシーシェパードのテロ
オーストラリアのタスマニア州で、シーシェパードが取り調べを受け始めました。そして、本日、アディ・ギル号の船長が晴海埠頭に上陸し次第、海上保安庁がその船長を逮捕する予定です(参考文献1)。

クジラの仲間は脳が発達していると言われているだけに、クジラを仲間と見る向きもあります。確かに、クジラが泳いでいる側で海で泳ぐと、心理的に癒される現象が判明しています。イルカも同様です。
それを差し引いても、暴力は前向きな結果を生じないものです。この事件は、環境保護運動ではなく、暴力が断罪される道が示されるものです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、シー・シェパードの活動と日本の同和問題との共通点を挙げます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
シー・シェパードは、調査捕鯨船を撃沈させた過去があります。調査捕鯨を止めるためとは言え、船を撃沈させては、その難破船が新たな環境汚染源になりかねません。
このように、環境保護の名の下に、あらゆる暴力を振るう行為を、似非環境保護運動(えせ かんきょうほごうんどう)と呼ぶことにします。同和問題の解決の名の下に恐喝や脅迫を行う「似非同和行為」をもじって名付けました。これが、日本における同和問題との共通点です。
前者は支配欲、後者は金銭欲を満たす効果があるものの、あくまで関係者のみの利益です。全体では、前者は先述した難破船による環境汚染、後者は経済の束縛や言論弾圧につながります。

細かい点では、刑事以外の点で相違点があります。前者は外交、後者は民事に介入します。ここにも、問題の複雑化という共通点が見られます。前者は環境問題と国益、後者は個人の人権と同和問題の解決を天秤にかける行為です。

以上を踏まえて、私はシー・シェパードの事件に対しては、送検後は検察側にがんばって欲しいと考えています。応援の目的はあくまで、似非環境保護運動という暴力への断罪です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、似非環境保護運動に対する断罪を求める方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

参考文献
  1. 毎日jp、「調査捕鯨:シー・シェパード妨害問題 侵入容疑で男逮捕へ--海保」、毎日新聞社(2010.3.8)
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。