竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Wikipediaの記事の最大の弱点 - 天津教教典説 -
本記事では、竹内文書に対する天津教教典説としての最大の弱点である主張を糾弾します。
それは、Wikipediaの記事では、「内容」の段落にあります。

皇祖皇太神宮(茨城県)が全世界の中心である。



皇祖皇太神宮と竹内文書の正しい関係をご存知の諸兄にはすでにお分かりだと思いますが、竹内文書の正しい主張は、以下のとおりです。

天皇が宇宙の中心である。


なお、この主張は、人間社会を宇宙(太陽系や原子のように、あるものと、それを中心に回るもの)になぞらえ、
  1. 天皇が中心となり一般人が天皇を支える
  2. また、一般人は目上の人を支えることで天皇を支えることと同じ働きをする
ということです。
そう、私たちは、天皇を太陽や原子核に見立て、自分たちは惑星や衛星、あるいは電子のように秩序だって行動するべきです。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
天津教は、竹内文書の普及の手段でしかなかったのです。
それに、天津教ありきの教典説は、すでに撤回という形で決着が付いています。それにしても、教典説は、なんと苦し紛れでしょう。

これからは、天皇陛下に対して奉り、地球人の間で崩れかけている秩序を立て直すことを行動を示すとともに、竹内文書に対する正しい知識を身に付けましょう。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以下のリンク先では、竹内文書に関する正しい知識を広めたい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。