竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/03/12(金)   CATEGORY: 2.1.2.5 食と健康
スロージョギングとスローステップ
最近、番組における政治的偏向がまことしやかに言われているNHKですが、好きで悪いことばかりを伝えている訳ではありません。NHKとて公益法人です。そのため、国会で予算が承認されないと運営できないからです。

そして、悪いことを垂れ流すだけではありません。良いことをも伝えています。それはスロージョギングとスローステップです(参考文献1)。前者は心肺機能を、後者は足腰を鍛えます。従来の運動と違うことは、いずれも遅い動作で行うことです。
もっとも、これらは昔から知られていた遅い運動「アイソメトリック」に分類されます。

これらの利点は、軽い負荷で大きな効果が得られることです。NHKでは、ご当地体操とともに、中高年や運動が苦手な人を中心に効果を伝えてきました。特にスロージョギングは、会話ができる程度の遅い走りで楽しく行えるとのことです。私も自宅の室内で一度行ったことがあり、軽い運動であることを体感しました。
そこで、私から提案です。ホームレスにもその効果を伝えたいのです。

心肺機能が低いと咳をするまでに高い負荷が掛かってしまいます。そのため、のどや肺の病気(肺炎、肺結核、風邪、インフルエンザなど)が重症化することは十分考えられます。

また、ホームレスを見ると、恵まれない食生活に合わせて活動を制限し、体力が落ちているように見受けられます。これは、災害に見舞われた老人がなりがちな廃用症候群です。

老若男女や職業を問わず、スロージョギングとスローステップに取り組み、体力の平均値を上げることにより、あらゆる人が健康になること請け合いです。憲法第25条にある健康で文化的な生活を送る権利を享有し、憲法第27条にある勤労の権利を行使し、勤労の義務を果たすことができます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、体力増進に役立つ援助
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
ホームレスにスロージョギングやスローステップを勧めるにも、栄養が必要です。

ここで話は脱線しますが、栄養の話をします。
ホームレスには栄養が足りていない。それは、最近の話だけではありません。
私は20年前に新宿の隣町に住んでいて、新宿へ買い物に行く機会がよくありました。当時の新宿駅西口のホームレスもまた、動きが悪く、表情がうつろでした。今思えば、食料を得る機会が少ないためか、動きを緩くしてエネルギーを節約していたと考えられます。
OA化の波に勝てず、解雇された人が、東京では新宿や山谷などに集まる。その状況が、バルブ経済崩壊、IT不況、リーマンショックを経て、今も変わらないことは、大きな損失です。

話を戻しますが、要は、ホームレスに栄養が足りないことです。
ホームレスの援助にはスローステップやスロージョギングが役に立つと考えています。これが、食料の提供と職業紹介とともに、行政または公益法人の援助の元で行われれば、それに越したことはありません。今年の年越しに設けられた、いわば「都立派遣村」では、体力増進が行われていなかったのですから、今後は体力増進も合わせて行われることを望みます。
それが、労働市場の活性化エネルギーになるのですから。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、全ての人の体力を底上げして、健康な世界を創っていきたい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

参考文献
  1. 『ためしてガッテン』、「スロージョギングの?に答えます」、NHK(2009年8月5日)
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。