竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
古代の予言が比喩でしか表現できない理由
首題の件、単刀直入に申し上げますと、古代にない概念を表現するのに苦労した結果と考えられます。

もっとも、古代の予言に似せた国際的陰謀の計画が流布されています。古代の予言や占いのように抽象的な表現で人を欺き、。代表的なものに、1999年とされていた終末を意味するノストラダムスの詩です。しかし、それに陰謀がついてゆけず、時期は2012年に持ち越しとなったようです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、具体的に的中した予言を紹介します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
ホピ族の予言に、「灰を詰めたひょうたん」という表現がありました(参考文献1)。これが、後になって原子爆弾をさすことが判明しました。この的中を機に、ホピ族は予言を真剣に見つめ直しているとのことです。

そうすると、聖書の黙示録も注目に値します。黙示録は「千年王国」というハッピーエンドを迎えるのですが、それまでに苦難が多く描かれています。それだけ、数多く試練が待ち受けているようです。具体的にはどのような試練なのか、既に解明されたとする情報に目を通したり、自ら謎解きに参画するのも一興です。

現代の予言、ジュセリーノ予言(参考文献2)や川面凡児予言(参考文献1)は、現代用語で予言が公表されるため、現代人にとって分かりやすくなっています。もはや現代用語に訳す必要はありません。
一方、陰謀の計画も現代用語で書かれるため、これも分かりやすくなっています。よって、年を追うごとに陰謀を潰すのが簡単になってきたのもうなずけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、
  • 古代の予言の謎に興味のある方、謎解きに取り組んでいらっしゃる方

  • 陰謀の計画に惑わされない方、惑わされたくない方

を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

参考文献
  1. 林陽著、『大預言』、中央アート出版社(2007)

  2. 本書、カテゴリー「ジュセリーノ予言集」各記事

スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。