竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「葷酒山門に入るを許さず」もまた方便
不許葷酒入山門(くんしゅさんもんにいるをゆるさず)

山門(寺院の門)で見たことがある方もいらっしゃると思います。その意味は、
なまぐさ物と酒は仏道修行に差しつかえるので、清浄な寺門内に持ち込むことを許さない。禅寺などの山門の戒壇石に刻んである。
『旺文社 漢和辞典[第五版]』旺文社(1993)

ここで、「葷」は臭いの強い野菜、または、なまぐさ料理(肉食)、「酒」は文字通り酒です。いずれも、仏門では口にしない飲食物です(前掲書)。

本記事では、この言葉もまた方便であることを述べます。
  1. 人間が進化するのが難しい。
    邪念がわき起こる(「魔が差す」とも言う)と、人格の完成が難しくなります。それは、食べ物の強い臭いで邪魔されることにたとえられます。

  2. 肉食禁止
    上記の通り、「葷」にはなまぐさ料理、肉食を指す用法もあります。竹内文書では、肉食を禁止する記事があります。現代になって、宿便の腐敗による健康への悪影響が科学的に語られるようになりました。
    なお、生臭坊主とは、「肉食する僧、戒律を守らない僧、不品行な僧」(参考文献2)を言います。

つまり、境内を聖地とし、それを山門で区切ることが、人間が精神的に進化するための困難な道のりの表象物なのです。よって、人間の進化の概念を知るために表象物に頼る必要が無ければ、出家する必要がないと言えます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、仏教に足りないことを求める方法を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
ここで、方便とは、「衆生を真実の教えに導くためにかりに設けた教え」(参考文献3。「」は引用者による)です。裏を返せば、方便に暗号が隠されていると言えます。

人間の心理を求めるには仏教だけではもの足りず、竹内文書が欠かせません。その証拠に、蓮の花をご覧いただければ、皇室の家紋「十六日章菊形紋」と同じく16弁です。

お経の暗号を解くことは、仏教による呪いを解くことにつながります。仏教の呪いが解ければ、皇祖皇太神宮で唱えられている「万教帰一」に一歩近づくのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、お経の暗号を解いた方、解いていきたい方、解を知りたい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

参考文献
  1. 赤塚忠・阿部吉雄・遠藤哲夫・小和田顯編、『旺文社 漢和辞典[第五版]』旺文社(1993)

  2. 新村出編、『広辞苑[第五版]』、岩波書店

  3. 竹田日恵+文学考古会著、『「日本書紀」暗号解読』、徳間書店(2001)
スポンサーサイト
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。