竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
民主党政権で試される「日人」たる自覚
日本で民主党政権が誕生してから、4ヶ月になりました。
以前から、以下の2通りの意見が交わされてきており、今も白熱しています。
  1. 対米隷属からの脱却
    具体的な名前は伏せますが、検察特捜部に逮捕された人たちを中心に暴露が相次ぎ、今年になってますます白熱してきました。

  2. 外国人参政権(特に在日韓国・朝鮮人への参政権)の導入
    こちらは、情報源が不明です。「密かに法案の提出が行われている」と言われています。

この2つの政策が本当に同時進行すると、日本政府は「脱米入韓」となることでしょう。前者だけなら、「脱米帰日」となることでしょう。

韓国に目を転じると、韓国の「脱米」は軍事面で行われています。
朝鮮半島での韓国の守りは米軍から韓国軍へ。しかし米軍は、日本では沖縄での駐留を続けたいとしています。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、本書で繰り返し述べている竹内文書的発想に基づく正しい国際社会像を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
日本の外交面の目標は「脱米脱韓」とすべきです。

ここから、日本列島と台湾、サハリン(日本名:樺太)、千島列島が世界のひな形であるという事実を前提に、話を進めます。
日本で在日韓国・朝鮮人の問題が解決すると、外国ではユダヤ問題が解決するのではないかと期待しています。日本人と在日韓国・朝鮮人の関係と、ユダヤ教徒のスファラディとアシュケナージの関係は似通っているからです。

何しろ、在日韓国・朝鮮人の多くは日本語の通り名を用いています。そのため、名前だけは日本人と区別がつきません。
いくら国際的陰謀が検察特捜部やマスコミを通じて行われていても、本当に日本人の仕業なのか、疑っているところです。アメリカ発の陰謀であっても、韓国・朝鮮発の利権であっても、タブーを破ると死者が出ることが共通しているのですから。

しかしながら、日本人と外国人とで、立場は大きく異なります。日本人は「日人」(本書ではこう書いて「ひと」と読むことにする)であり、天皇を直接支える立場にあります。また、日本は親国であり、諸外国を正しい道(人間社会を宇宙のひな形とする道)に導く国です。
一方、アメリカ、韓国や北朝鮮をはじめ諸外国は「支国(えだぐに)」であり、各国の元首は天皇を中心とする社会をおのおの実現する立場にあります。それを実現する諸外国人は、五色人(本書では「いいろうど」と読むことにする)です。ちなみに、アメリカ合衆国の国民は白人(ヨーロッパ人の末裔)と黒人(アフリカ人の末裔)と青人(原住民)、韓国・朝鮮人は黄人です。

このことを踏まえて、日本人は、天皇中心の社会を形作るため、まずは目上の人を敬うことから始めましょう。一番上に立つ人が天皇を中心に考え、下の人がその人を支えることで、原子、生体、地球とその大気、地球と月、太陽系、銀河系と続くひな形が人間社会(校内、社内、国内、国際社会)でも実現することになります。
この社会構造ならば、誰も何にもぶつからずに安らかに生きて行けるのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、社会を宇宙のひな形にし、日本を脱米脱韓に導くのに賛成の方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。