竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
環境利権があっても、石油を浪費する理由は無い
石油利権の存在が発覚して久しく、それでもなお、石油に依存した生活が続いています。
また、地球温暖化の原因において、二酸化炭素説に懐疑的な説が続出しています。
  1. 2000年周期の気候変動
    自然の周期が2000年であることが解明されました。

  2. 政府の環境対策にまつわる利権
    これは経済の問題です。石油がだめなら、環境対策といったところでしょうか。しかし、金銭欲に駆られては、企業の利潤ための環境対策にしかならず、抜本的な二酸化炭素低減にはなりません。

二酸化炭素を減らしても大したことはなく、企業が環境対策政策の資金援助をあてにしているのが本当だとしましょう。それでも、石油を浪費する理由はありません。
石油はプラスチックの原料に優先的に回し、火力発電所を廃炉する。この道筋が、政界にも経済界にも見えていません。

なお、二酸化炭素の削減に関して、もっと苦しい立場にある石炭業界については、別記します。
本書「石炭業界の生き残る道」

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、平成22年1月現在で環境に優しいエネルギー源を取りあげます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
風力発電は、太陽光・熱とともに有望とされていましたが、意外にも環境に悪いことが判明しました。それは低周波音の発生です。愛知県田原市で発覚しました。風車が出す騒音で夜も眠れず、夜は親戚の家に泊まりに行く生活が続いているそうです。

風力発電における問題が明らかになった今、環境に優しいエネルギー源は、以下に限られます。
  • 空気添加式水力発電
    水に、その10分の1の体積の空気を混ぜ、エンジンで圧縮し、排出します。
    このエンジンは、出力が入力に比べて4倍であることが分かっているため、熱力学第1法則(エネルギー保存則)に反します。そのため、圧縮する際、未知のエネルギーを取り込んでいると考えられます。

  • 電離層とのエネルギーのやり取り
    ニコラ・テスラが発明したエネルギー取得方法です。
    この技術を進めるには、電線メーカーに新たな収益源を提案する必要があります。現に、テスラはこの技術を北米で展開している途中で迫害を受け、横死したことが判明しています。

  • 太陽光・熱
    太陽電池パネルは日光を電気に、太陽熱温水器は日光を熱に、それぞれ変換します。現在、それぞれ単独で稼働しています。
    太陽電池は温度が上がると発電効率が下がるため、太陽電池を冷やして発電効率を上げる発想が求められます。そのため、太陽電池と太陽熱温水器と組み合わせるという考えもあってもおかしくありません。
    課題は、シリコンの価格、ひいては石英の価格の高止まりです。

  • 燃料電池
    携帯電話に搭載する小規模の燃料電池が研究されています。
    一方、研究の動きはありませんが、太陽電池および除湿器と組み合わせて水素の量を調節する、いわば「電気を溜める」発想の装置の構想があります。この構想の課題は、燃料電池の電極に電流を流す際の寿命です。

  • 音力発電、振動力発電(平成22年1月27日追記)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、エネルギー源と、資源としての石油を切り分ける意見に賛成の方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。