竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
言葉で限定する功罪~日本国憲法第9条の場合
言葉で限定することが、いかに難しく、いかに誤解を生みやすいか、それは、日本国憲法第9条の解釈からも伺えます。
第9条[戦争の放棄、軍備及び交戦権の否認]日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2前項の目的を達成するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
(原文は、2が○で囲まれている)

この条文の解釈については、PKOへの協力、インド洋上に置ける米軍への給油、イラクへの派遣、ソマリア沖への派遣など、時代を追うごとに変わっていきました。

私に言わせれば、時の政府や政治家に、天皇が「宇宙の中心すめらみこと」であるという意識がないという証拠です。
宇宙の中心すめらみこと、そのことわり(理)はごく単純です。銀河系や太陽系といった宇宙のイメージ、また、原子のイメージです。太陽系の場合の太陽、原子の場合の原子核を中心に、惑星や電子が規則正しく回っているイメージです。もちろん、太陽や原子核は天皇、惑星や電子は私たち国民です。

こうした天皇中心の国家像を前提に憲法を解釈すれば、今とは異なり、憲法解釈が安定すること請け合いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、千年先まで通用する憲法を確立したい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。