竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ユダヤ問題と在日韓国・朝鮮人問題の類似点
竹内文書的発想によると、日本は世界のひな型です。
その例として、首題の件を取り上げます。

最近、韓国・朝鮮人と日本との関係について研究が進んできています。
その中で注目したことは、創氏改名の真相です。
創氏は日本政府の影響がありました。しかし、改名は強要されておらず、むしろ自発的だったことが判明しています。

以前、外国で同じような話を聞いたことがあると思ったら、ユダヤ問題と同様であることに気づきました。
アシュケナージ・ユダヤ人も、元からユダヤ人ではなかったと言われています。

また最近、在日韓国・朝鮮人が日本に帰化している話も聞いています。
韓国・朝鮮人にとっては望ましくないと考えられていますが、竹内文書的発想では、地球人の祖先の国、そして、朝鮮半島に住んでいたスサノオノミコトの母国に合流する動きと考えています。
よって、私はこの動きを見守っていきたいと思います。

そして、帰化人には日本の道徳、とりわけ竹内文書的発想を取り入れてほしいと思います。
そうすれば、ユダヤ問題を解くヒントが得られると考えます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
下のリンク先では、日本でも世界でも移民問題を解決したい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。