竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
植物の「よし」は、やはり「あし」ではないか
現在は「あし」ではなく「よし」と呼ぶ植物。漢字で「芦」「葦」「蘆」「葭」と書きます。
これが「よし」と読まれるようになったのは、「あし」が「悪し」に通じるため避けたと考えられています。

では、植物の「芦」などが「よし」に読み変えられて、なぜ「足」「脚」がそのまま「あし」なのか。
そう疑問に思うと、「芦」などと書く植物を「よし」と読み変えた理由にならないと思えます。

太古の読みは言霊を反映していることは、例えば、高坂和導氏が「すめらみこと」や三種の神器について明らかにしました。他にも、一般の言葉にも、言霊が反映されている言葉があると思っています。
そのため、古い日本語を取り戻す動きが欠かせないと考えております。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
下のリンク先では、古代の日本語を取り戻していきたい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。