竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
よく噛んで食べていますか?
昔、「米粒を粗末にすると目がつぶれる」という言い伝えがありました。
実際には目が見えなくなることはありませんが、その言葉は暗喩であることが判明しました。

直説法で説明すると、「米粒を粗末にすると、命をいただいていることに対して、ありがたみを感じる見方ができなくなる」となります。つまり、「目がつぶれる」の「目」は、「思想」の暗喩だったのです。

それだけ、食べ物は人類とは切っても切れない関係です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、首題の問いかけをもとに、さらに食べ物への感謝を訴えていきます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
最近、よく噛んで食べていますか?サプリメントなどの健康食品や、ジュースや清涼飲料水で済ませていませんか?
特に米は、よく噛むと、デンプンが唾液(に含まれる酵素・アミラーゼ)で分解されて(より低分子の糖類が生じるため)甘くなります。この甘みは、人類に与えられた褒美であると思えます。逆に、よく噛まずに食べていると、甘みという褒美が得られにくいことも言えます。

また、顎に繰り返し強い負荷をかけることで、顎の筋肉が発達します。
さらに、噛んで食べることで、胃腸に消化の準備を促します。胃でタンパク質を、十二指腸で脂質を粗く分解し、小腸で炭水化物を単糖類に、脂質を脂肪酸とグリセリンに、タンパク質をアミノ酸にまで分解して吸収され、全身に行き渡ります。水と塩分は胃と大腸で吸収されます(この両者はもともと低分子の無機物なので、消化酵素では分解されません)。

なお、よく噛んで食べる場合、必要な分量は少なくて済むという研究結果もあります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、感謝の気持ちを持って食べる方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。