竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
常識の功罪
常識は、時として不和の原因となります。自分の視野を狭め、他人に自分と同じ要求を押し付けることもあります。「知っていて当たり前」という考え方、自分にあって他人にないものを押し付ける思想は、時として他人を厳しい立場に追い込みます。

以前、本書で「優しい」と「易しい」のつながりを述べました。
今回は、その裏に隠れた「厳しい」と「冷たい」のつながりの例を挙げます。その一つが、「常識の功罪」です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
常識と言えば、以前、労働市場に及ぼす社会悪を挙げました。後半では、常識は教育や労働環境にも功罪を与えていることを挙げます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
子供は、大人にあるものの多くは持っていない方が当たり前です。知識が少なく、技能に幅がないため、知識や技能に基づく想像力はありません。
知識や技能に基づかない想像力、つまり空想する能力ならあります。時として、空想が、知識に基づく創造を上回ることもあります。それを差し引くと、大人に比べて知らないことが多いのが特徴です。
純粋な愛情を子供に注ぐなら、子供の能力を伸ばすことを最優先します。できなくても、辛抱強く教えたり、自発的に行うよう促します。しかし、常識にとらわれていると、親ができることを子供に対しても当たり前のように思い、できなければ怒り、できても冷たく突き放すことになります。ちなみに、私の親は後者です。

また、子供は、大人とは「立場」の概念が異なるため、誰とでも仲良くなる性質があります。学校に上がると「教師(親方)-生徒(弟子)」、「先輩-後輩」の関係を、社会に出ると「上司-部下」、「金がある・ない」、「権威(昔で言う貫禄)がある・ない」などの体面を意識します。子供にはそのような社会観はなく、「親子」、「兄弟姉妹」、「友達」が基本です。

さて、労働環境ではどうでしょうか。
まず、技術や規則に関しては、先ほどの教育と同じことが言えます。職場で仲良く仕事をするための条件の一つは、常識を押し付けるのを控えることです。
経験は上司や先輩の方が上ですが、無知に基づく空想は部下や後輩が上です。空想は、時として既成概念を打ち破り、必要な技術革新が生じたり、不要な規制が取り払われたりします。さらに、社風も変わる可能性があります。
なお、大人の空想は、子供の将来の夢と異なり、表明する勇気がない人が多いことも挙げられます。先述の立場の概念が、一層勇気を押さえつけています。ここは、自分や相手の立場は横に置き、あるべき姿へ向かってじっくり取り組もうではありませんか。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、社会の問題を、常識にとらわれずに柔軟に対応していきたい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。