竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ペットブームの影で
ペットの殺処分が問題になっています。自宅で手に負えなくなった人が犬や猫を持ち込むことは、数年前から問題視されていました。
それに加えて、ブリーダーが大量に犬を持ち込む事態も生じています。ブリーダーをしていると、子供が多い分エサを多く食べるためエサ代がかかり、人気の犬種や猫種に高値をつけざるを得ません。しかし、2008年9月以降、急激に景気が悪化し、犬や猫を買う人が減っています。そのあおりでブリーダーの収益も悪化し、福岡県太宰府市のブリーダーに至っては、犬を餓死させる事態にまで発展しました。

よく言われているとおり、ペットは生き物です。動物の命を扱うため、責任が伴います。せっかくこの世に生を受けた命を無駄死にさせてしまうことは、元飼い主にとっても心の傷となることでしょう。

霊的にも悪影響があります。カルマの法則により、ペットを捨てた人間が「捨て子の因縁霊」にさいなまれることになります。生まれ変わったら、自分が親に捨てられ、親とは異なる主人に尽くす運勢をたどります。
なお、「忍耐霊」がもっとも平穏な運勢となります。そのためには、恵まれないときにも耐え忍んで、真摯(しんし)に生きる必要があります。ペットの関連で言えば、ペットを心の友として、そのペットが死ぬまで一緒に生きていくことです。そうした人が生まれ変わると、周りからの要望に応じて、現実的な生き方を自然と選ぶ運勢をたどります。

ブリーダーにとっては、人気の犬種を増やすことは一攫千金のチャンスであったと思います。しかし、犬種に偏った人気に踊らされないように、
そして、ペットショップにおいては、責任を持って死ぬまで飼っていくことに念を押すようにする店もあると聞いたことがあります。

なお、犬は犬でも、子供を作れない「介助犬」を増やすことも一興だと思います。介助を必要とする人にとって、介助犬が心の友となることを祈って、本記事を閉じることにします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、動物を心の友として、一生付き合っていきたい方を集計しています。
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。