竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
大所高所の見方、小所低所の見方
大所高所の見方は総論、小所低所の見方は各論です。
私は、大所高所の見方を重視しています。それは、大所高所の見方で、小所低所の見方をカバーできると考えているからです。それに、小所低所の見方は、大所高所の見方に関連づけることができます。

もっとも、小所低所の見方は、大所高所の見方にはない鋭い視点もあります。
過去に、「世界経済」「日本経済」「貧困」「不平等条約」「植民地支配」などの特定のテーマ、「親ユダヤvs反ユダヤ」「攘夷論vs開国論」「佐幕vs倒幕」「東西冷戦」などの二分法を伴うテーマが続出しました。いずれも、そのテーマに関係ある人には切実な問題でした。
ところが、より大きい「宇宙の法則」という見方をすれば、上記の枠はいずれも小所低所の見方と見なすことができます。

竹内文書的発想、つまり天皇を宇宙の中心すめらみことして敬うこともまた、「宇宙の法則」に対する各論です。一方、それは人類の当面の大目標「世界平和」より大所高所の見方だと、私は主張できます。人間社会も、銀河、太陽系、原子と同じひな形に収まることで、人々の安寧と世界の平安を達成できると考えているからです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、広い視野で地球の諸問題を解決していきたい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。