竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/01/04(日)   CATEGORY: 2.1.2.1 唯物論
人間と動物の違い(4) 肉体の構造
人間と動物の違いは、確かな感謝の表現と報恩の概念の有無(参考文献1)、アストラル体などの有無(参考文献2)、正義の有無(参考文献3)だけではありません。
感謝の表現と報恩の概念の有無→「人間と動物の違い(1) 感謝の表現と報恩」
アストラル体などの有無→「人間と動物の違い(2) 生物体の構造」
正義の有無→「人間と動物の違い(3) 正義の概念」

人間の肉体の構造を他の動物と比べた研究において、衝撃的な事実が判明しました。
当方では、進化論を誤っているものと見なしております。それを裏付ける違いが、多く見つかっています(主に参考文献4)。例えば、以下の通りです。
  1. 被毛、皮下脂肪が薄い。

  2. 視覚が昼夜ともに適合していない。

  3. 骨格が地球の重力に対して弱い。

  4. アレルギーを発現する。

  5. 人類は一年中繁殖できるが、動物には生殖周期がある。

  6. 陰茎に骨がない(犬との違い)。

  7. 知能が高い(他の哺乳類でも、犬、猫よりも遥かに高い。鳥類であるカラスの比でもない)。


肉体的には、知能を除いて、地球環境に合わない構造になっています。一方で、知能を活用して、私たち人類はこれまで生き延びてきたのです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、人類はどこから来たのだろうという推論をご紹介します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
前半で挙げた人間と動物の肉体的な違いを目の当たりにすると、従来の理論、つまり、地球の誕生に関する微惑星衝突説と、ダーウィンの進化論が通用しなくなってしまいます。

そこで、参考文献4では、地球内部が空洞であること、その中心に太陽の役目を持つ物体があることが考えられるようになりました。
詳しいことは参考文献4に譲りますが、地球の内部が空洞であれば、現在公式には解けていないとされている地球の謎も、人体の構造の謎も同時に解決できると考えられています。
例えば、人体への影響ですが、紫外線が宇宙空間に入らないため、命に関係ありません。

竹内文書では、地球上の人類については、他の天体からの飛来をほのめかすなど、「進化論から外れている」(ついでに、現在の正史からも外れている)表現で一貫しています。
一方、参考文献4によるアプローチによっても、進化論が誤っていることを論じることになってきました。
今後、両者がともに正しいことが証明される日が来ると、私には思えます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、
  • 進化論は誤っていることをご存知の方、信じている方

  • 地球の内部と連絡を取ること、行ってみることを夢見ている方

を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

参考文献
  1. 本書「人間と動物の違い(1) 感謝の表現と報恩」

  2. 本書「人間と動物の違い(2) 生物体の構造」

  3. 本書「人間と動物の違い(3) 正義の概念」

  4. ケヴィン&マシュー・テイラー、『地球はやはりがらんどうだった』、中丸薫監修、藤野薫訳、徳間書店(2008)

  5. 本書「人間と動物の違い(5) 欲求と障壁の幅」

スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。