竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
環境デザイン
いつまでも地球上で長生きしたければ、環境に配慮する必要に迫られます。もしかすると、過去の延長線上にある工場よりも、環境を守り、また改善するために一から造られた工場の方が環境に優しいとも思えます。
前者は、大量生産、大量消費を狙った「よく」(経営者の我欲)と、黒字を狙った「みえ」(潤沢な利益によるイメージアップ)が現れ、環境は二の次です。そのため、環境を破壊する副作用があります。結果、余命は良くて20年といったところです。
後者は、環境を守り、また改善することを重んじる一方、前者ほど「よく」や「みえ」にはとらわれず、地味に見えます。しかし、環境を守り、改善することで、従業員も健康で長生きし、特に終身雇用がある日本企業では長く働くことができます。

調達、研究開発、製造、物流、廃棄物処理の観点で、環境に優しい構造の工場を造ることは、知恵を絞れば、現存の技術でもできるはずです。
地球温暖化がよりあらわになってきた今、環境に配慮することは、人類が生き残るために必須になったと言えます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、竹内文書の時代に実現していた環境に配慮した技術を紹介するとともに、今から実現できる、環境に配慮した構造の工場を考えてみます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
竹内文書の時代では、環境に優しい技術に基づく文明が栄えていました。
古代の飛行場では、その土地の土ににがりを混ぜて粘土を成し、自然を守りながら飛行機の発着に耐える強度を実現していました。例えば、故・高坂和導氏が調査したイギリス南部のHerneは、古代の飛行場だと考えられます。その土地の土質は非常に固く、その土地に庭を造るには、その土を柔らかくする工夫が必要であるそうです。

さて、現在、ゼロエミッションは複数の産業が集まった工業団地なら実現可能できています。
さらに一歩進めて、単独の工場であっても、環境に優しい構造で造ることもできると考えています。以下、そのような化学工場を想像してみます。
エネルギーは、自然エネルギーでまかないます。原料は、購入したものと、製造の過程でできた生成物のうち、製品にならないものです。つまり、今まで捨てられていた化学物質も、製品になるまで、物質を循環的に変化させ、使い続けるプラントとします。

上記のような仕組みは、植物(ここでは、菌類と細菌類を除く)や、葉緑素を持つ細菌類に似ています。植物などは日光を受けて光合成で酸素を出し、上記の工場では製品を生み出します。

このように、環境に優しくするヒントは、自然にあります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、環境に配慮して仕事をしたい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。