竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
人の思いが水に伝わるメカニズム
皆さんは、江本勝氏による水の研究をどうお考えでしょうか。
人の思いが氷の結晶に現れるのです。そのことを、唯心論と書く人もいました。

しかし、私は、以下の3点によって理解できました。
  1. アストラル体が電子でできている。
  2. 水分子は水素結合で互いに水和し、クラスターを形成する。
  3. あらゆる物質は、電場(電界)に晒されると、静電気を帯びる。


このうち、アストラル体が電子でできていることを、今のところ証明するすべはありません。しかし、江本氏の水の研究により、間接的に証明していると、私は言えます。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、水が人の思いを伝えるメカニズムの仮説を立てます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
以下に、人の思いが水に伝わるメカニズムの仮説を立てます。

(1)意思→アストラル体
前半から繰り返しますが、アストラル体は電子でできています。その電子は、人の意思に応じてスピンの向きを変えると考えます。
電子のスピンは磁場(磁界)を生じます。
電子スピンの向きが、磁場(磁界)を決めます。

(2)電子(アストラル体)→物質(特に水)
アストラル体の電子は、もちろん電荷を持ちます。よって、何もしなくても電場(電界)を生じます。
周りの物質がその電場(電界)に触れ、静電気を帯びるものと考えられます。

特に、水分子は電荷が一方向に偏っていて、しかも自由に回転します。よって、電場(電界)の影響を受けやすい物質です。
また、磁場(磁界)の影響も受けます。人の意思によって生じた磁場(磁界)の影響を受け、人のアストラル体と引き合うような水のクラスターが形成されると考えられます。

以上、電磁気学を応用した理論(仮説)です。

あとは、アストラル体が電子でできている証拠を見つけることで、この仮説が証明されます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、本書のように人の思いが物質に伝わることを信じている方、ご存知の方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。