竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
100年後の子供に託す願い
ある日、「願ってやみません」という思いを大切に思う、という文面を、環境に関するブログに見つけました。

何人も、未来の状況を直接見たり、未来の子供に直接聞いたりすることはできません。
そして、私をはじめ、ほとんどの人は未来を予知する能力はありません。

それでも、未来の子供たちの環境が、明るいものであってほしいと思っています。
このように、人間は祈ることができます。

そして、共存共栄、平和、生活の平安、適職への就職という万人共通の理想を追求し、実現していく力を、人間は持っているはずです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、私が未来の子供に託す思いを語ります。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
未来の子供たちに託す夢は、現在の社会問題の裏返しです。
その中でも最も大きなテーマは、以下のリンク先にあります。
『現代の思想を大幅に超える竹内文書』
言い換えれば、天皇中心の社会の中で、純粋な愛情の下で育てられ、環境に優しい文明を築き上げていた竹内文書の時代と、天皇が中心ではない社会の中で、教育に親や社会(あるいは世間)の意図を含み、人によっては愛情が注がれず、環境を蝕む技術で満ちあふれた現代が、裏返しにあります。

竹内文書に基づいて社会を改善すると、人によっては、目先の利益を失うことになり、都合が悪いのでしょう。しかし、このようなプライドを、持っても仕方がありません。

既に今年までに、地球温暖化という環境の変化が顕在化しています。
その証拠に、札幌や安曇野の雪が湿り気を帯びるなど、冬の温暖化が顕在化しているではありませんか。
海水中の二酸化炭素が濃くなり、サンゴの骨格が溶け出しているではありませんか。
ベネチアが冠水しているではありませんか。
カナダの北極海沿岸で、永久凍土に支えられていた家が、永久凍土が解けることによって傾いているではありませんか。
もはや、二酸化炭素を大量に吐き出す火力発電を廃炉する時期に来ました。地球温暖化を真実と受け止めた上で、本書の題名をもじって、「自然エネルギーの普及待ったなし!」と言いたくなります。
同時に、地球温暖化懐疑論は、現代文明の最後の悪あがきと見なします。

環境問題と並んで人類に有害なのは、以下の社会問題です。
  1. お金

  2. 宗教

  3. ジャーナリズム

  4. 薬物

その中でも、諸悪の根源であるお金に反対するための最大の争点は、相続税と固定資産税です。税金がかかるからお金を稼ぐ必要に駆られ、よって個人の自由を失っています。
なお、お金がなくなれば、今社会の下層に追いやられている人も生活に困ることが無くなり、今後も経済的な理由で下層に追いやられる心配が無くなります。困るのは、今上層にいる人だけです。
宗教は、正氣久嗣氏や故・竹田日恵氏が指摘したように、天皇否定の思想に基づきます。
ジャーナリズムは、視聴率という金づるを持ち続けるために、インパクトのある記事を、見境もなく報道します。それは、人の精神に悪影響を及ぼします。しかし、人助けや地域の祭りといった良い報道を優先すれば、人の精神に良い影響を与えることもできます。その点で、宗教よりましだと当方でも考えています。

私は、環境に優しい技術、純粋な愛情だけによる教育、個人の道徳の向上を願ってやみません。この考え方は、現代文明が作り出した環境に悪い技術や、あらゆる社会悪の裏返しとなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、あらゆる社会問題を解決したい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。