竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
日本から従来の工場が撤退するにあたって
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

私はかつて工場に勤めたことがあります。それから3年以上たった今、その工場と同じ業界に入る道が見えてきました。ただし、その会社の職場は海外がほとんどで、国内の業務は限定的です。

それもそのはず、昭和時代に日本企業が得意としていた加工貿易が、昨今の円高の影響で不利になったからです。
私は面接でソフトウェア業界の企業を訪ねたところ、下手をすれば、日本に残る産業は、サービス業と地産地消の産業のみになるという見方を聞かされました。
つまり、日本がアメリカの再来となってしまうというのです。

製造業がなくなれば運輸業も成り立たない。が、世の中には、そんな日本を救う技術があるというのです。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。