竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
明日は、マヤ暦終了の日
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

カール・コールマン博士によると、明日はマヤ暦終了の日と計算されています(参考文献1)。

それがどうした、という方もいらっしゃることでしょう。
そこで、明日以降の世界がどうなるかに関わらず、今日、本書に記すことにします。

思えば、これまでは、競争原理という呼称で競争が奨励され、国家間、企業間、個人間で争いが絶えず、また、通貨(お金)の存在により、富める者から貧しい者までに振り分けられて、お金があるならあるなりに、ないならないなりに、それぞれ悲劇に見舞われました。

明日または明後日を境に、このような悲劇から解放されることを、私は祈ります。

もちろん、人類の絶滅は望みません。むしろ逆に、人類が生きながらこれまで以上に幸せになることを望んでいます。

私の理想は、
  1. お金に関係なく、他人・社会・世界との調和と自分の生き甲斐のために働くこと
    昨今の就職難で、志望動機として、生き甲斐ややりがいを求める志望動機が散見されます。それで不採用になることも考えられました。
    しかし、お金が必要なければ、誰でも好きなように仕事ができ、その仕事に喜びを味わうことができます。
    すると、仕事の定義がお金と関係なくなり(つまり、会社で言う業務ではなくなり)、他人、社会または環境に影響を与える行動となります。力学の仕事の定義「系にエネルギーを与える作用」に意味が近づきます。

  2. 自他ともに幸せになる願望のみ満たされること
    今までは、他人や社会への影響を考えずに、あるいは邪魔にさえ思い、我欲を満たすために排他的な行動をとるばあいも散見されました。それが犯罪と見なされ、それを行った者は刑罰を受けました。
    今後も、そのような行動はますます認められなくなると考えています。
    その代わり、他人や社会、あるいは環境に奉仕し、自らも幸せになる行動が奨励されると考えています。

  3. 自分の精神性や自主性を高める時間が十分にとれること
    これまでは、家族や社会(日本では世間)にふさわしい行動をとることが求められてきました。それにより、個人に歪みが生じ、先に述べた犯罪に手を染める者も散見されました。
    今後は、個人の精神性や自主性を高めることが奨励され、自他ともに互いを誉め讃える社会を理想とします。

  4. 他人の我欲から身を守るために、秘密を多く持つ必要がなくなること
    プライバシーの権利や個人情報の保護は、犯罪や名誉毀損、風評の拡散から身を守るための権利でした。
    国際的陰謀も、陰謀を起こす自分たちの優位性を守るため、秘密を守ってきたと見られます。
    しかし、我欲がなくなれば、犯罪を起こしたり風評を流す必要が無くなり、秘密を作る必要も無くなります。もちろん、そこには陰謀をめぐらせる必要もなくなります。


ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。