竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
【東日本大震災】買いだめ騒動を振り返る
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

 3月11日に日本で発生した巨大地震(平成23年東北地方太平洋沖地震)の通称が、4月1日、政府により東日本大震災に決定されました。本書でも、今後、東日本大震災と記します。
 さて、本記事の前半では、東日本大震災直後に発生した買いだめを振り返り、後半では震災前のある状況との類似性を述べます。

NHKの情報バラエティ『あさイチ』(参考文献1)で、買いだめに走る主要な心理が3点取りあげられました。
  1. ひとりでパニック

  2. 人に流されて

  3. 子供のために

首都圏直下型地震が控えているという私の予想(参考文献2)に反して、いずれも、当時ないし過去の情報が鍵を握っていると考えられています。

過去のオイルショックの映像、店での品薄、他人が買った量を見て、自分も必死になって買いあさってしまい、それを多人数で行ってしまったため、事態をより悪化させてしまった模様です。

ただ、どの原材料が足りない(容器が足りなかった)、自動車の燃料が足りずに輸送できない等、という状況が、マスコミからも供給されていなかったこともあったと思います。

その点では、私は水タンク用の光触媒を持っていてよかったと思っています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、震災前のある状況との類似性を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。