竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
英語やフランス語のRは半母音か
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

以前、英語(以下、本記事では単語に[E]を冠する)はR音便を考えると日本語に似てくるという説を提唱しました(参考文献1)。
この説を掲げるに至ったのは、高坂和導氏の「ハネ」の調査があってのことです(参考文献2)。

ほかに、Rが多い言語として、フランス語(単語に[F]を冠する)が挙げられます。ただし、動詞は除きます。原形(フランス語では不定詞とも言う)が必ず"r"で終わるためです。

さて、私は最近、英語とフランス語に多いRを半母音と見るようになってきました。
ずっと自宅で眠らせていた本を発掘したからです。本記事では、主に参考文献3および4を基に論じていきます。



Rで終わる音節が多い英語とフランス語とで、発音に違いがあります。
英語のRを発音するには、舌を反らすと言われています。さらに参考文献3では、唇を丸くしてRを発音する写真が掲載されています。
一方、フランス語のRを発音するには、GやK(フランス語でKは外来語のみに用いられ、従来の言葉にはCやQが用いられる)の発音と同じく、舌の根元を浮かせるようにします。

このような発音の違いがあるものの、Rが多い。また、英語はウェールズ語やスコットランド語とも異なる言語体系で、かつフランス語に類似点がある。
これらは、バイキングの一派であるアングル族やサクソン族(以上、ゲルマン民族の一派)、同じくバイキングであったノルマン人がブリテン島に入植した影響を考えたくなります。
確かに、ノルマン人の入植により、古代ギリシア語(単語に[G]を冠する)やラテン語(単語に[L]を冠する)やフランス語から英語になった単語が多く存在します(例:[F]porc(豚)→[E]pork(豚肉)など)。

ならば、バイキングに源をたどれるだろうか。そうなると、以下の北欧諸国に源をたどることになります。それは、今後の課題とします。
  • デンマーク

  • ノルウェー

  • スウェーデン

  • フィンランド


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、英語、フランス語と日本語の単語の類似点を挙げていきます。
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
DATE: 2010/05/20(木)   CATEGORY: 2.1.2.5 食と健康
糖質・脂質の多過ぎで骨がもろくなる
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

ここ1ヶ月、テレビ番組で相次いで、骨のもろさの真相が放送されました。
  1. カラダのキモチ(CBC. 参考文献1)

  2. ためしてガッテン(NHK. 参考文献2)

両番組で同じ専門家が登場し、繰り返し骨の強さ=骨密度+コラーゲンの質を訴えていました。

ここで、コラーゲンの質を悪化させる要因として、糖質と脂質の過多が挙げられました。中でも、『ためしたガッテン』で実験に用いられた黄色い骨は、ショ糖水溶液に浸された骨とされています。この、骨が黄色くもろくなる現象は、学生実験レベルで追試が可能です。具体的には、脊椎動物を解剖する学校において、ショ糖水溶液や植物油に骨を浸す実験を行い、何日で黄色くなるか確認できればよいのです。

ここで、糖質と脂質の過多が問題となりました。本書では、神経細胞への影響を紹介しました(参考文献3)。
いずれも追試は未確認ですが、両者とも本当ならば、糖質と脂質の過多は、骨にも脳にも悪いことになります。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、両番組で取りあげられた今後の課題を紹介します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
取り締まりが要請された韓国の硝酸ボトル流出
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

もはや本記事で取りあげるには即時性を失ってしまいましたが、本書でハングルで書かれたポリ容器が日本に漂着した問題を取りあげた(参考文献1)ので、その続報を掲載します。

(以下、参考文献2より引用開始)
 日本海沿岸にハングル表記のある大量のポリ容器が漂着している問題に絡み、韓国水産物輸出入組合は16日、韓国海洋水産省などに対し、有害薬品使用の取り締まりを徹底するよう要請したことを明らかにした。(中略)
 容器について、韓国のノリ養殖業者(中略)は風評が広がれば日本へのノリ輸出に影響が出る恐れがあると憂慮。(後略)


(以上、参考文献2より引用)


韓国とて、海苔の風評被害は避けたいということでしょう。

日本からの観光で日本でも売れるようになった韓国の味付け海苔は、私も食べたことがあります。ごま油と塩をまぶしたもので、醤油で味を付ける日本の味付け海苔とは製法が異なります。
しかし、硝酸や過酸化水素水で海苔を変色させるとは、危ない橋を渡っていると見受けられます。

かつて日本でも公害や食品添加物の毒性が問題になっただけに、韓国の海苔業界にも努力を望みます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、韓国にも汚染を広げて欲しくないと思う方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
北マリアナ諸島への移設で「第2列島線」強化か
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

民主党の6名の国会議員が、5月7日より北マリアナ諸島へ視察に行っていたとのことです(参考文献1)。党首でもある鳩山由紀夫首相を支える動きとなるでしょうか。

5月1日に前原誠司国土交通大臣が、沖縄・北方担当大臣という立場を利用してアメリカで沖縄の問題で先走った(参考文献2)だけに、5月末に方針を決定することの断念は、それに待ったが掛かった形です。

北マリアナ諸島保護領、日本では俗に北マリアナ連邦と呼ばれるその地域は、小笠原諸島・硫黄島(現在は「いおうとう」と読む)の南にあり、かつて太平洋戦争で日米が戦った地域でもあります。伊豆諸島、小笠原諸島とマリアナ諸島(北マリアナ諸島とグアム島の総称)は、中国に言わせれば、第2列島線です。

鳩山首相の腹案がこれであれば、確かに、日本の脱米は進みます。
問題は、次のとおりです。
  • 台湾の守り

  • 脱米と引き換えに、中国に隷属する危険性

それらの回避は、いずれも中国との外交に尽きます。その絶好の機会の一つは、8月15日に6カ国協議を開くことです。今は、韓国海軍の哨戒艦沈没に絡んで北朝鮮に嫌疑があるため、可能性が薄くなっています。それを差し引いて、6カ国協議の付随というと過小評価ですが、日中で話し合うべき話題はいくらでもあります。
直近の話題は、中国の核軍縮の本気度、チベット問題、新疆ウイグル自治区の和平と、いずれも戦争または領土に関する話題です。
さらに、三国志の認識問題があります。例えば、『魏志』の「韓記」と「東夷伝倭人条」の対比、「ついに敗れぬ」を「ついに韓を敗りぬ」(いずれも訓読)と、原文に余計な1文字が加わっている問題があります。これらに限らず、三国志の裏面が正しく解釈されれば、中華思想という選民意識はなかったと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
前半では、アメリカ軍基地の問題を引き合いに出しておきながら、中国に脱線してしまいました。後半では、日本国が責任を持って行うべきことを挙げます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
DATE: 2010/05/16(日)   CATEGORY: 2.1.2.1 唯物論
[現代化学2010年6月号より]ジャンクフードがくせになる理由
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

『現代化学』2010年6月号に、興味深い記事を発見しました。題して「ジャンクフードはなぜくせになるか」です。その冒頭で、次のように書かれています。

ポテトチップスなど、高脂肪・高カロリーのジャンクフードの過食は,ヘロインやコカインの中毒と同じ変化を脳に与えるらしい.


この研究は、アメリカ・スクリプス研究所で行われたとのことです(参考文献1)。

これをヒントに、過食から脱却する方法が見いだされると見られます。現に、記事では、

したがって,過食の治療には,コカイン中毒治療用の薬剤が有効なのかもしれない.


とあります。

道理で、記事の冒頭にも槍玉に挙げられたポテトチップスも作っているメーカーの、あるスナック菓子のキャッチコピーの一つが、

やめられない、止まらない


である訳です。

インターネット上の広告で、

太る人と太らない人の違いはご存知ですか?


とあります(本記事からは広告元にリンクしません)。
広告元によると、原因は炭水化物であるということなので、『現代化学』で取りあげた研究を、薬に頼らないという意味で補足するかもしれません。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、過食に対抗する別解を探ります。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
時は今雨の下しる五月かな
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

時は今雨の下しる五月かな


明智光秀


あたかも織田信長を狙って詠んだとも言われるこの謎の句は、今、創価学会に対する暴露本の出版(参考文献1)に応用できるように思えてきました。
このことは、天木直人氏のブログで知りました(参考文献2)。私はまだ読んでいませんが、天木氏が「覚悟して告白した」と指摘するくらい、

かねてから、上記の明智光秀の句を引用して記事を投稿しようと考えていた時に、参考文献1が出版されるのですから、

小泉純一郎氏が組閣するにあたって、それ以前に主張していた公明党と距離を置く論調は影を潜め、逆に尊重するようになったことは、私も覚えています。もし仮に創価学会と後藤組との関係を小泉氏が知っていたら、どのように反応するか。

また、『第三文明』『灯台』『pumpkin』『潮』の広告から反創価学会への非難の記事が消えたのは、反創価学会潰しの依頼先を後藤組から何者かに切り替えたと思えてなりません。それについても載っていれば、創価学会の現在の人脈も分かるという訳です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
前半では、闇を担ってきた暴力団元組長の告白の覚悟を取りあげました。後半では、他の問題にも応用できる、現状を打破する手段をお伝えします。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
標準化とカスタマイズと改造
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

なまじ日本人は器用だから、道具やパソコン、果てはゲームのデータや家を改造します。

改造する、つまり、標準の機能で調整できる範囲を越えてカスタマイズするということは、標準の機能に満足しないことを示しています。ここに、不服従だが物を言えない、日本人の「お人好し度」が見受けられます。
言論の自由があればこそ、言挙げすべきです。

左利き用ハサミ、左利き用カッターナイフ、採算の兼ね合いで生産されていない製品は、左利き用具や障害者用具を中心に数多くあれど、必要とする人がいることには変わりません。一定の需要があれば、受注生産としてでも、メーカはそれに応えるべきです。それは、利潤という意味を差し引くと、メーカの活躍の場が与えられるという意味です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、『ドラゴンクエストIX』におけるデータ改造騒動で学んだ、ゲームのデータ改造の予防について述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
ETC非搭載車割引の問題
携帯電話でご覧の方へお知らせ

[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

平成22年4月13日、前原誠司国土交通大臣は、記者会見の場で、新しい高速道路料金案を発表しました(参考文献1)。しかし、
徳島県出身の仙谷由人行政刷新担当大臣に、この案に反対される始末です。本州四国連絡橋で、別料金の3000円になる構想だからです。

私は、前原大臣会見での案には、仙谷氏とは別の意味で反対です。具体的には、以下の意見を有しています。
  1. 首都高速の料金制度に見直し

  2. ETC非搭載車への割引に反対

  3. 東京外かく環状道路の東京区間の建設に慎重

この意見は、前原氏が鳩山由紀夫首相を無視して単独行動をとっていること(参考文献2)とは切り離して考えています。大臣会見案に反対する理由は、後半で挙げる通りです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、高速道路割引新案に反対する理由を詳しく述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
十二支の真相
携帯電話でご覧の方へお知らせ

[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

今年(平成22年)はとら年です。「とら」と言うと、動物の虎を思い起こす方が多いと思います。しかし、十二支を動物で表す表現は十二生肖(じゅうにせいしょう)です。古代中国で十二支に動物が当てられたものです(参考文献1)。

十二支は、上古3代・天日豊本黄人皇主天皇(あめひとよもとひのひみいぬしすめらみこと)の12人の皇子の名が語源です。以下、皇子の名のうち、十二支の語源に下線を引きました。
  1. 天津ヒト命→ネ(根)

  2. フクラム命→ウシ(生気)

  3. トラヒコ命→トラ(扉)

  4. ウマレヒコ命→ウ(産)

  5. タツル命→タツ(立つ)

  6. ミノリ命→ミ(実)

  7. ウマミ命→ウマ(甘)

  8. イロドリ命→ヒツチ(彩)

  9. サルトリ命→サル(去る)

  10. 天トリ主命→トリ(採り)

  11. 天イヌル命→イヌ(入ぬ)

  12. 天ヰル主命→エ(納)

ただし、天イロドリ命と「ヒツチ」は、大分異なります。

これが古代中国で十二生肖となって日本に逆輸入され、皆さんおなじみの動物が登場します。現代中国でも、十二支を俗に十二生肖で呼びます。ただし、十二支と十二生肖では字が異なります。以下、左に十二支(括弧内にその読み方)、右に動物(括弧内に中国で用いられる漢字。ただし、*は日本の字体に書き換えている)を示します。
  1. 子(ね)~ネズミ(鼠)

  2. 丑(うし)~ウシ(牛)

  3. 寅(とら)~トラ(虎)

  4. 卯(う)~ウサギ(兔)

  5. 辰(たつ)~竜(竜)*

  6. 巳(み)~ミズチ=ヘビ(蛇)

  7. 午(うま)~ウマ(馬)

  8. 未(ひつじ)~ヒツジ(羊)

  9. 申(さる)~サル(猴)

  10. 酉(とり)~ニワトリ(鶏)*

  11. 戌(いぬ)~イヌ(狗)

  12. 亥(い)~イノシシ(猪=中国ではブタの意)

そのうち、「たつ」が表す竜だけが実在しない動物です。

このように見ると、古代中国語が古代日本語と通じていたことが伺えます。十二支を十二生肖に書き換えるとき、古代日本語で同じ読み方の動物に当てるのですから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、十二支の本来の意味を考察します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
日本書紀前半の裏面による警告、国務大臣は知らず

携帯電話でご覧の方へお知らせ

[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。



『日本書紀』の前半部分が裏面解読されて久しいのです(参考文献1)が、未だに真意が伝わっていないようなので、当方でも引用します。

(前略)易学上、泰卦は「地天泰」ともいい、天地が正しく交わって万物がよい状態を保つことができているという状態を示す卦である。したがってこれを神宮祭祀に当てはめた場合、天地の神が正しく祭られていれば、世界は平和安定を保つことができるという意味になる。
 また帰妹卦は、女性が男性に嫁ぐことは大義であり、陰の立場である女性が陽の立場である男性に絶対随順するべきで、女性の方から勝手な行動を起こすとよくないことが起こるということを示している。この卦が神宮祭祀の未来の状態を意味する之卦(引用者注:しけ。未来の運勢を示す卦)として現れた場合、陰の立場に相当する地の神が陽の立場にある天の神から離れて、独自の祭を行うようになると、すべて悪い方向に進むということを暗示することになる。


参考文献1 pp.148-149


しかるに、現代になっても、伊勢神宮と出雲大社が分かれて存在しており、天地の神を同じ場所で祭ることがままなりません。地が天の恩恵を受けられず、また、地から天に向かうはずのエネルギーが天に届かないため、その狭間で人が不安定になります。
すると、答えは一つです。今後、伊勢神宮と出雲大社の合祀です。泰卦から導かれた、天地の神の合祀こそ、天地のエネルギーの和合につながり、人に安定をもたらします。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、政治において帰妹卦の悪い例が発生したことを踏まえて、今後の鳩山内閣の未来を占ってみます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
政党の役割は終わった
携帯電話でご覧の方へお知らせ
[5]キーで「人気ブログランキング」に投票できます。

もはや、政党が行うべきことでもありません。

故・竹田日恵氏は、著書の後書きで、

自分ひとりに何ができるだろう、と思われるかもしれない。しかし、政治的な力はばかりが国を変えるのではない。霊力の世界にとっては、現世的な権力など、枯れ葉一枚の重さもないからである。


と述べました(参考文献1)。そして、ティアウーバ星人のタオはミシェル・デマルケ氏に、地球上の諸悪の根源として、

第一に”お金”、第二に”政治家”、第三に”ジャーナリストと麻薬”、第四に”宗教”です。これらの危険は核兵器と無関係です。


と伝えました(参考文献2)。本記事では、政治家について述べます。

なまじ政党があるからこそ、政治業界地図が分かりにくいのです。しかも日本では、政党助成金制度があるから、その分かりにくさに拍車をかけています。
もともと政党は、フランス革命やイギリスの清教徒革命に端を発します。絶対王政に集団で立ち向かうために結成されたものです。しかし、その役割は終わりました。今は、国内外の陰謀を打ち破るためには、むしろ政党は不要です。

日本では、自民党と民主党の双方に、親米派と脱米派がいることが判明しています。つまり、いずれの政党が選挙で勝っても、親米派(民主党の場合は渡部恒三氏など)と脱米派(民主党の場合は鳩山由紀夫氏、小沢一郎氏など)が共存し、政治を分からなくしてしまうのです。

いっそのこと、政党助成金をかなぐり捨ててまで、全ての政党が解党し、全ての政治家が政策別に再編してしまえばよいのです。そうすれば、候補者を政策で選ぶ単純な図式が出来上がります。
平沼氏や与謝野馨氏らの「たちあがれ日本」、山田宏氏らの「日本創新党」などのように新党を立ち上げるなど、政党の存在を前提にすることは、もはや必要ありません。議会において、政治家個人の良心に基づいて意見を表明するのです。

いや、政治家の力も、むしろ不要です。
もっとも、漢方医学で言う「表先裏後」に則れば、まずは通貨の廃止(同時に税制も廃止)と、名実伴う独立(脱米、脱中国、脱韓)が必要です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、政治権力によらずに国を安定させる方法を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif[5]人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。