竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/01/31(日)   CATEGORY: 3.5 平和と救済
社会起業家
社会の欠点を補う事業をビジネスとして行っている企業があります。その創業者や代表は「社会起業家」と呼ばれて注目されています。それだけ、社会悪も目立っている証拠です。
私の信条の一つとして、「金は後からついてくる」があります。「金」を「評価」に変えると、より真意が伝わるかも知れません。質が良いサービスを続けていくと、それに対する評価も高まり、ますます利用されていきます。そのサービスに料金をかけている場合、収益が得られます。これが「金(評価)は後からついてくる」の真意です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、今後どの分野で社会起業家に進出して欲しいかを述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
DATE: 2010/01/30(土)   CATEGORY: 0 未分類
一部を除いて良かった江戸時代
平成になって、江戸時代の社会、特に江戸の暮らしが見直されています。町民が行っていた物の使い回しや再利用は、現代のリサイクルやリユースに通じます。また、武士や町民の排泄物を農村に引き取り、堆肥にしたことは、現代では有機農業として見直されています。

ただし、江戸時代には江戸時代なりに、批判すべき点がいくつかあります。特に、天皇中心でなかった点です
その批判点さえ変えれば、理想の社会になると考えております。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、江戸時代の社会に対する批判と、それを竹内文書的発想の基で改善した社会モデルを考察します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
音力発電と振動力発電
社会実験が既に行われている振動力発電(参考文献1,2)。これも、脱火力発電を実現する候補に挙がってきました(ほかの候補→参考文献3)。しかも、騒音や振動といった、昔から知られていた公害をも解決する手段としても有効であるといいます。

20世紀までに、人間は公害に苦しめられてきました。大気汚染、水質汚濁、土壌汚染といった汚染(化学公害とも呼べる)や二酸化炭素の増加は、徐々に解決に向かってきました。そして、21世紀になって、騒音や振動をも解決するとなると、人間は全ての公害に対応する手段を得たことになります。

参考文献2で紹介されている応用例のうち、首都高速の橋への装備は、騒音の低減だけでなく、橋の耐久性を高める効果も期待されているとのことです。
ほかにも、乾電池が要らないリモコンなど、応用例が広がってきているとのことです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、振動力発電や音力発電がほかに応用が利くかどうかを考察します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
DATE: 2010/01/26(火)   CATEGORY: 4.2 私信
「あわせて読みたい」を始めました
「あわせて読みたい」というサービス(参考文献1)を、別のブログを通じて知りました。
そこで、本書と「あわせて」読まれるサイトを表示することになりましたので、お知らせします。
あわせて読みたいブログパーツ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
下のリンク先では、竹内文書と本書を比べて読みたい方を集計しています。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ

参考文献
  1. 『あわせて読みたい - ブログがつながるブログパーツ』、サイドフィード株式会社(2005)
    上の「あわせて読みたい」と書かれている画像をクリックすると、本書と一緒に何が読まれているか分かる。さらにそのリンク先には、サービスのトップメニューが置かれている。
page top
地軸移動と地球膨張(収縮)説
地球膨張説が唱えられています(参考文献1)。また、地球の内部が空洞になっていて、中心には恒星があって、人が住めると言います(参考文献2)。
この説によると、地球は、何も一定の体積を持つ必要は無く、地球が膨張したときは海水位が低く、地球が収縮したときは海水位が高いと考えられます。

この説と、地軸移動とを関連付けることもできます。大陸の移動、海底の拡大・縮小に不均衡が生じる場合に、地球の膨張・収縮と地軸移動が関係します。

あるプレートが速く、隣のプレートが遅く、互いに離れる場合、速く動くプレート上の大陸があらぬ方向に移動し、もともと隣にあった大陸が大きく離れることになります。

私は当初、地軸移動とポールシフト(極移動)との区別がつきませんでした。しかし、地球膨張収縮説に基づいてからは、この両者の違いを区別することができるようになりました。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、海水面の上下と地球の半径との関係、そして、地球温暖化との無関係さを述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
またも似ているドラゴンクエストIXと竹内文書
出荷本数が400万本を超え、シリーズ最多の売り上げ数を記録したドラゴンクエストIX(以下、DQ9)。これもまた、現代社会や竹内文書的発想とよく似ています。
なお、前作までは、本書で取りあげています(参考文献1)。本記事では、以前の記事と重複する部分は割愛します。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、具体的にどこが似ているかを述べていきます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
健康であっても文化的でない都営住宅
都営住宅は詰め込み主義です。収入だけを基準にして、一人暮らしのお年寄りにワンルームに住まわせるのです。
今まで暮らしてきた中で家具や荷物が多くなった上、家族が帰ってくる空間はおろか、介護もままならない狭い部屋に押し込まれる、寝食だけの場所です。憲法第25条第1項では、
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

つまり、健康的だが文化的でない生活なので、憲法第25条第1項違反です。
同じく憲法第25条第2項には、
国は、全ての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

と定められています。東京都は、国がやるべきことであって地方には関係ないとの考えでしょうか。

都営住宅を指して「限界集落」と呼ぶ人もいます。
都営住宅が「姨捨山」にならないように、新規着工の際は考えていただきたいものです。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
page top
DATE: 2010/01/22(金)   CATEGORY: 2.1.2.5 食と健康
新型インフルエンザはホームレスを蝕んでいないか?
インフルエンザに関して、遺伝子の亜型がスペイン風邪と同じであることが判明しています(参考文献1)。

ジュセリーノ予言集には、さらなる流行が盛り込まれています。現在、知られている中で最も番号の大きい亜型はH16N9型があります(参考文献2)が、予言中、人に感染すると予言されている最も番号が大きい亜型は、H9N2型となっています

免疫がないことが正しいとすれば、ホームレスが真っ先に亡くなってもおかしくありません。しかし、残念ながら、そのような統計もなければ、報道もありません。健康保険に加入したくても、金がないから加入できないホームレスは見殺しにされているのでしょうか。

もっとも、インフルエンザの流行が国際的陰謀の一つ「脱法殺人」である以上、国としても動けない模様です。ホームレス支援センターに調査を呼びかけるにとどまっています(参考文献3)。

しかし、ホームレスとて、金が尽きたから住むところがない、体力が低下して容易に働けない。このような状況では、新型インフルエンザにかかりやすい状態であることは容易に想像できます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、私たちにできることをお話します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
民主党政権で試される「日人」たる自覚
日本で民主党政権が誕生してから、4ヶ月になりました。
以前から、以下の2通りの意見が交わされてきており、今も白熱しています。
  1. 対米隷属からの脱却
    具体的な名前は伏せますが、検察特捜部に逮捕された人たちを中心に暴露が相次ぎ、今年になってますます白熱してきました。

  2. 外国人参政権(特に在日韓国・朝鮮人への参政権)の導入
    こちらは、情報源が不明です。「密かに法案の提出が行われている」と言われています。

この2つの政策が本当に同時進行すると、日本政府は「脱米入韓」となることでしょう。前者だけなら、「脱米帰日」となることでしょう。

韓国に目を転じると、韓国の「脱米」は軍事面で行われています。
朝鮮半島での韓国の守りは米軍から韓国軍へ。しかし米軍は、日本では沖縄での駐留を続けたいとしています。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、本書で繰り返し述べている竹内文書的発想に基づく正しい国際社会像を述べます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
「モーゼ効果」と名付けられた水の反磁性
旧約聖書にあるモーゼの出エジプト記(参考文献1)にちなんで、モーゼ効果と名付けられた現象があります。それは水の反磁性です(参考文献2)。

反磁性を簡単に言うと、磁石から遠ざかる性質を言います。これまでにも、銅と酸素とともに水の反磁性が知られていました。「蛇口から出る水に磁石を近づけると、水の流れが磁石から離れる方向に曲がる」のは、水の反磁性が示す現象です。
なお、日本でも、水道水は貴重な資源なので、水の出し過ぎにご注意ください(特に夏場)。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、「モーゼ効果」の語源となった出エジプト記の裏を紹介するとともに、現代社会への応用を提唱します。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
石炭業界の生き残る道
二酸化炭素の削減という課題を突き付けられ、窮地に立たされているのが、石炭業界です。
火力発電では石油に主力の座を奪われ、鉄鋼業においても水素精錬の技術が発明され、その上、二酸化炭素の削減で槍玉に挙げられています。
万事休す、といった石炭業界ですが、果たして、生き残る妙案はあるのでしょうか。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
石炭業界が生き残る妙案はあります。ヒントは、水性ガスシフト反応(参考文献1,2)です。そのことを後半で述べたいと思います。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
環境利権があっても、石油を浪費する理由は無い
石油利権の存在が発覚して久しく、それでもなお、石油に依存した生活が続いています。
また、地球温暖化の原因において、二酸化炭素説に懐疑的な説が続出しています。
  1. 2000年周期の気候変動
    自然の周期が2000年であることが解明されました。

  2. 政府の環境対策にまつわる利権
    これは経済の問題です。石油がだめなら、環境対策といったところでしょうか。しかし、金銭欲に駆られては、企業の利潤ための環境対策にしかならず、抜本的な二酸化炭素低減にはなりません。

二酸化炭素を減らしても大したことはなく、企業が環境対策政策の資金援助をあてにしているのが本当だとしましょう。それでも、石油を浪費する理由はありません。
石油はプラスチックの原料に優先的に回し、火力発電所を廃炉する。この道筋が、政界にも経済界にも見えていません。

なお、二酸化炭素の削減に関して、もっと苦しい立場にある石炭業界については、別記します。
本書「石炭業界の生き残る道」

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、平成22年1月現在で環境に優しいエネルギー源を取りあげます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
平成22年の一般参賀
あけましておめでとうございます。経済の先行きなど、前年の不安が残る今日このごろ、新年をいかがお過ごしでしょうか。

今年も、一般参賀が行われています。
今年の天皇陛下のお言葉は、ほとんど、いつものお言葉に戻っています。
新年を共に迎えられたことをうれしく思います。(中略)人々の幸せと世界の平安を祈ります。


昨年の年越しは、日本史上稀に見る失業者の増加に喘ぎ、国民が不安を持っていた状況でした。今年は、それが少し和らいだものの、依然として「バランスシート不況」が根強いため、失業率が高く、かつ厳選採用の傾向が見られます。それだけに、一部の国民に活躍の場が依然として得られない、言い換えれば生き甲斐を見いだせないままでいる状況です。
仕事は人数の問題ではなく、生き甲斐とお金のぶつかり合いです。父は「採用は早いもの順」「(新卒の段階から)学歴は役に立たない。何でもいいから仕事しろ」と、時代遅れなことを言っていますが、もはや気にしません。

私としても、失業から脱却したい想いで活躍の場を求めていきますが、それ以上に、皆さんの幸せと健康を強くお祈りいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今年も、本書をよろしくお願いいたします。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。