竹内文書の普及待ったなし!
竹内文書は、研究家たちの血のにじむような努力が実を結び、偽書のレッテルをはがす用意ができています。その内容は、現代社会の常識を超えるものです。勇気を持って受け入れましょう。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
環境に優しい発電方式が普及した後に廃止したいもの
環境に優しい発電方式が普及したら、まず何を無くすべきだとお考えでしょうか。

私は、火力発電を選びます。
火力発電はエネルギー効率が悪いにもかかわらず、石油や石炭が無駄に燃やされ、二酸化炭素を吐き出すだけ吐き出し、地球温暖化を促進しています。
しかも、石油は、プラスチックや合成ゴムのような石油化学工業の原料に使うことができます。
ゴミ焼却炉とて、今や可燃ゴミもガス化できる時代にあって、それをただ燃やすのですから、もはや現代文明の負の遺産です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、火力発電が廃止された後の未来像を簡単に述べていきたいと思います。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
100年後の子供に託す願い
ある日、「願ってやみません」という思いを大切に思う、という文面を、環境に関するブログに見つけました。

何人も、未来の状況を直接見たり、未来の子供に直接聞いたりすることはできません。
そして、私をはじめ、ほとんどの人は未来を予知する能力はありません。

それでも、未来の子供たちの環境が、明るいものであってほしいと思っています。
このように、人間は祈ることができます。

そして、共存共栄、平和、生活の平安、適職への就職という万人共通の理想を追求し、実現していく力を、人間は持っているはずです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、私が未来の子供に託す思いを語ります。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
環境デザイン
いつまでも地球上で長生きしたければ、環境に配慮する必要に迫られます。もしかすると、過去の延長線上にある工場よりも、環境を守り、また改善するために一から造られた工場の方が環境に優しいとも思えます。
前者は、大量生産、大量消費を狙った「よく」(経営者の我欲)と、黒字を狙った「みえ」(潤沢な利益によるイメージアップ)が現れ、環境は二の次です。そのため、環境を破壊する副作用があります。結果、余命は良くて20年といったところです。
後者は、環境を守り、また改善することを重んじる一方、前者ほど「よく」や「みえ」にはとらわれず、地味に見えます。しかし、環境を守り、改善することで、従業員も健康で長生きし、特に終身雇用がある日本企業では長く働くことができます。

調達、研究開発、製造、物流、廃棄物処理の観点で、環境に優しい構造の工場を造ることは、知恵を絞れば、現存の技術でもできるはずです。
地球温暖化がよりあらわになってきた今、環境に配慮することは、人類が生き残るために必須になったと言えます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
後半では、竹内文書の時代に実現していた環境に配慮した技術を紹介するとともに、今から実現できる、環境に配慮した構造の工場を考えてみます。
ブログランキングFC2ブログランキングへ
banner2.gif人気ブログランキングへ
つづきを表示
page top
Copyright © 竹内文書の普及待ったなし!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。